ストレスがかかっているサイン「今まで気にならなかった小さなことが気になる」

怒りが沸騰しそうな女性|副腎疲労blog

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

ストレスとは、目に見えないものです。

そういうこともあって、ストレスがかかっているということを認識出来ていない方も多いと思います。
身体がストレスによってダメージを受けることで、出現するような症状が人によって違うというのもわかりづらさを助長しているかもしれません。

人によっては、肌が荒れてきたり、アトピーや湿疹のようなものが出てくる方もいます。
また、お腹の調子が悪くなって、下痢や便秘をしたり、お腹のガスが溜まったり、張りが出てくる方もいます。
私はまさにこのパターンです。
もちろん、胃が荒れて、胃炎や胃潰瘍になる方もいますね。

その他、ストレスがかかっている状態がずっと続くことで、影で病気が進行していることもあります。

 

以前お話しましたが、ストレス(副腎疲労)が関連している病気はたくさんあります。

 

 

 

副腎の持っているたくさんの機能を考えれば、その機能低下が、低血圧や低血糖症、更年期障害、PMS、うつ病、アレルギーと関連しているのがわかります。

また免疫が関わる病気としてはアレルギー以外にも自己免疫疾患があります。リウマチも実は副腎疲労が関連しています。
それ以外にも、ストレスが原因と言われることが多い代表的な病気としては、突発性難聴やメニエール病、耳鳴り、めまい、動悸など。さらには胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、過敏性大腸炎もまさしくストレスと関連しています。みなさんが気づいていないところでは、腰痛や頭痛までもがストレスによって起こるとも言われています。

そして、肺や気管支などの慢性疾患、肺炎や気管支炎、喘息、インフルエンザなども副腎疲労と関連の深い病気です。

 

 

 

 

こうやって考えていくと、ストレスは万病の元と言っても過言ではありません。

ストレスさえかからない生活をしていれば、どれだけの人が健康でいられることでしょう。

それだけストレスの影響は怖いものです。

 

今日は、ストレスがかかると誰にでもあらわれる兆候の1つをお話します^^。

 

 

 

⭐️ 今まで気にならなかった小さなことが気になる

 

ストレスがかかって副腎が疲れてくると、ストレスに十分に対処できなくなります。

そうすると、些細なことでイライラしたり、ちょっとしたことですぐに怒ったり。
小さなことが気になって、それをずっと気にして落ち込んでしまったり。
はたまた、完璧にこなそうとするために何度も何度も強迫観念のようにやり直したり。

過食やたばこ、そして飲み過ぎなどもそのサインの1つでしょう。

 

 

 

これらの症状があらわれたら、「ストレスがかかっているから休まなきゃ!」の警告サイン。
この状態ですでに自分のストレスの許容量をオーバーして、副腎疲労に入り始めています。

 

 

 

 

日々、忙しく働いている私たちは、ストレスを抱え続けている傾向にあります。
そして、そのことに気づいていない人も多いのです。

 

常にやらなきゃいけないことがあり、予定もびっしり詰まっている、仕事やプライベートも忙しくしているような人は、朝から晩まで心身ともに興奮状態。
自律神経でも交感神経(緊張や興奮時に働いている)が優位な状態が長時間続き、疲れている人ほどピリピリしていて、ちょっとしたことでもすぐ怒り出したり、イライラする傾向にあります。

私自身も経験ありです。

しかも、大抵こんな時って、目の前のことでいっぱいいっぱいだから、自分がストレスによってピリピリしている状態ということに気づいていないことが多い!
そうなると本当に厄介です。

 

 

 

 

こういう状態になったら、一度冷静に頭を冷やして思い出してください。

 

「ストレスがかかり過ぎていますよ〜」

「限界です〜、助けて〜」

「すこし休憩してください〜」

 

身体から悲鳴が聞こえています。

 

 

 

 

この時点で、ストレスに対するしっかりとしたマネジメントができると、ストレスと戦って緊張でパンパンの状態の身体からガス抜きをすることが出来ます!

 

 

 

これからは「今まで気にならなかった小さなことが気になる」ような状態になったら、

是非ガス抜きを!

 

 

今日はここまで〜。

 

 

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ

私は・・・
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile
詳しいプロフィールはこちら^^。

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方
副腎疲労の症状に当てはまる方
食事や栄養の相談がしたい方

などなど・・・

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま
是非、お気軽にご相談くださいね。

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。

Thank you for reading to the end.