「白菜」のカリウムパワーで高血圧予防!

白菜

 

今日は高血圧予防に効果のある「白菜」についてお話しようと思います。

 

白菜はキャベツと同じアブラナ科の野菜で中国北部が原産。
日清・日露戦争の時に従軍した日本人が中国から種を持ち帰ったことから、本格的な栽培が始まったそうです。
近年では栄養価が高いとされる「霜降り白菜」が話題を呼んでいます。

 

高血圧の予防に「カリウム」が効果的なミネラルである事はみなさんご存知かと思いますが、まさに白菜はカリウムをたっぷりと含んでいる野菜です。カリウムには利尿作用があり、体内にある余分なナトリウムの排泄を高めてくれるので血圧の上昇を抑えてくれます。

白菜にはカリウム以外にも、免疫力アップや風邪の予防効果のあるビタミンCの他、カルシウム、マグネシウム、亜鉛なども含んでいます。またインドール化合物という発がん物質の解毒酵素をつくる働きを持っているため、発がん予防効果も期待されています。

 

白菜は11月〜2月が一番美味しい時期なので、シャキッとした美味しい白菜がこれから沢山出回ってくると思います。

黒い斑点のある白菜を見かけることがあると思いますが決して痛んでいるわけではありません。
黒い斑点は栄養過多になった細胞に現れるものなので、栄養が豊富な証拠。もしそのような白菜があったら、是非そちらを選んでみて下さいね。

白菜の95%は水分ですが、白菜に含まれているカリウムは煮ると溶け出してしまうのでスープごと飲むことをお勧めします。食物繊維も豊富に含まれており、さらに低カロリーなので便秘の方や美肌作りにも効果が期待できますよ。

これから鍋がおいしくなる季節なので、たっぷりと白菜を入れて食べてみてはいかがですか?

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法