ブログ

夏の思い出②〜青森〜

8月に夏休みを頂き青森へ行ってきました。
色々と寄り道をしたので、なんと車で片道12時間!

目的はもちろん波乗り!!

ロングボードのサーフキャンプが開催されたので行ってきました。
普段はボディーボードをやっている私もロングボードに挑戦です。
今ではすっかりはまってしまい、ロングボードばかりやってます^^

 

そして美味しいものを食べ、観光もして楽しく過ごすことができました〜。
いつもなら南や島に行くことが多いですが、今回青森に行ってまた行きたくなりました。

お世話になったみなさまありがとうございました。

 

青森⑥

 

青森②

 

青森③

 

青森④

 

青森①

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

夏の思い出①〜軽井沢〜

8月にお休みを利用して軽井沢へ行ってきました。

いつもならアウトレットでショッピングしかしませんが、今年はちょっと足を伸ばして峠の茶屋に行って力餅を食べたり、美術館へ行ったり、滝を見に行ってきました。

これも子供ができてちょっと思考が変わってきたのだと思います^^
子供ができると180度生活も変わり、考えも変わってくるものなんだなぁと思う今日この頃でした〜

いつもより充実した軽井沢旅行でした。

 

軽井沢①

 

軽井沢②

 

軽井沢③

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

夏ですね!

みなさまお久しぶりです!
出産してからすっかりご無沙汰になってしまいました><

現在我が子も6か月になりすくすくと成長しております。
毎日バタバタしておりますが、たまーに治療院にも顔を出していますので会えた方はラッキーですよ〜

 

そして、先日六本木ヒルズにある「ELLE Cafe」に行ってきました。
頼んだものは、フルーツたっぷりの”スムージー”と乳製品を使わない”ヨーグルト”。

六本木①

乳にアレルギーのある私は大興奮です!

中はこんな感じ。

六本木②

ココナッツミルクから出来ているのですが、普通のヨーグルトよりもなめらかでほんのり甘みがあってとってもおいしかったです^^
中に入っているドライフルーツとも相性バッチリ!
スムージーも美味しくてあっという間に飲み干しました(笑)

また絶対に行きます。

 

たまたま行ったらドラえもんが沢山いましたー。ドラえもんのイベントやっているみたいですね。

六本木③

夏休みということもあり人も沢山いました〜。

私は夏真っ盛りでも食欲はバッチリありますが、みなさま夏バテにならないよう無理しないでくださいね。

ではでは。

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

「糖尿病と栄養」についてのセミナー

糖尿病と栄養1−1

 

みなさん、こんにちは。

先月に引き続き、今月も「横浜の知っ得ゼミナール」にて、栄養講座の講師をさせて頂きました〜。
今回のテーマは「糖尿病と栄養」ということで、私もみなさんに伝えたいことがたくさんあり、ボリューム満点の内容になってしまいました^^。
パワーポイントの資料を作っている時点で、こんなに喋れるかなと思うほどの量でしたが、1時間半ほどミッチリと喋らせて頂きました。

 

内容は・・・
1つ目に、糖尿病と血糖のお話。
糖尿病が日本でも4人に1人という程増えてきていて、国民病とも言える現状であること。
その原因、そして血糖値の詳しい仕組みのお話をわかりやすくお伝えしました。

2つ目に、糖化と糖尿病の合併症。
糖尿病が一番怖いのは合併症です。
その絶対に食い止めなければいけない合併症の数々と糖化という問題についてお話しました。

そして最後に、糖質の悪影響と糖質の正しい摂り方について。
みなさんが知らず知らずの内に外食や加工食品から取っている糖類。
世界的にも糖類の摂取量は年々増えてきています。
そして若い世代にも広がる炭水化物不耐症や低血糖症などの血糖値の問題。
さらに糖質の正しい摂り方について詳しくお話しました。

 

糖尿病と栄養3−1

 

最後は、砂糖が毒であるというこわ〜いお話まで交えて、かなり熱の入った講義になりました。
またまた、最後には「食べるものがなーい」という声が・・・。

いえいえ。
現代社会はこういうものなのです。

食について知れば知るほど、そして詳しくなれば詳しくなるほど、怖くなると同時に食べるものが少ない現状に気づくと思います。
みなさんが陥りやすいのは、まず初めに出来ないと言ってあきらめてしまうこと。
そうなってしまったら、何も変わりません。
知ることがまずスタートです。出来ることから変えていきましょう。全てを完璧にする必要なんてありません。

そういった少しずつの変化が、自分の身体を変え、食品産業を変えていくと思います。
今回の砂糖の話しかり、遺伝子組み換えの話しかり、農薬の話しかり、全てはみなさんのやる気次第です。

 

私は、もちろん甘いものは取りませんし、無農薬・自然栽培の野菜やお米を頼んでいます。
そしてお肉も遺伝子組み換え飼料、抗生剤、ホルモン剤無使用のものを選びます。
もちろん、たまに外食をしながら息抜きもします。ただ、その場合も必ずグルテン・カゼインフリーのものをなるべく選びます。
こんな食生活でも慣れてしまえば、あまり不自由しませんし、美味しくご飯を食べれています^^。

 

糖尿病は、50年前から比べると50倍に増えたと言います。
さらには過去に戻れば、糖尿病は起こり得なかった病気とも言えます。

ここから思いつくのは、50年前の食生活、そして生活環境に戻せばそういった病気はかなり少なくなっていくのではないかということです。
50年前と言えば、それこそコンビニやファミリーレストランはなかったでしょう。
また朝にパン食ということもほぼなかったと言えるのではないでしょうか。
私の子供時代ですら、朝はアジの干物と味噌汁とご飯ぐらいなものです。
それで十分幸せな朝食でした。

贅沢になり、便利になってしまった時代ではありますが、そういった病気や症状がなかった頃のことを思い出すと、健康に生きていくための大きなヒントになります。
カイロプラティカによくいらっしゃる「低血糖症」の方も、その時代には全くいなかったのですから。

 

糖尿病の話を詳しくお話させて頂いたことで、また食の大切さを再確認できる機会を得ました。
本当に感謝です^^。

 

糖尿病と栄養4−1

 

セミナーにご参加のみなさま、本当にありがとうございました。
今回も、鋭い質問がたくさん出て本当に嬉しかったです。

 

次回は、ちょっと先になりますが、12月5日(月)に「肝臓と栄養」というテーマでお話させて頂きます。
また近くなったら、お知らせさせて頂きますね。

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

「老化と栄養」のテーマで、講師をさせて頂きました〜。

老化と栄養1−1

 

みなさん、こんにちは。

今年に入ってから、去年までカイロプラティカで行っていた「大切な人のための栄養勉強会」もなかなか開催出来ておりませんが、昨日、私と深い付き合いのある予防医療の専門施設「笹塚クリニック」の一般向け栄養ゼミナールの中で講師をさせて頂きました〜^^。

こちらのゼミナールでお話するのは、今回で3回目となりますが、いつもとても熱心に聞いて頂いて本当にありがたいです。
みなさん長年、こちらの栄養セミナーを受けられているベテランの方ばかりなので、私の話にも熱が入ります。

今回のテーマは、「老化と栄養」。

 

人によっては、年齢よりも若く見え、健康で生き生きとしている方がいる一方、年齢よりは老けて見えて、いつも体調が思わしくない方もいます。
こういった生理的な年齢の差が出るのは何故なのでしょう?
そこには、みなさんの食事や運動、睡眠、そして身体にかかるストレスなどの環境要因が関連しています。

今回は、基本的な老化の原因のお話はもちろん、アンチエイジングというより健康的に年を重ねていくにはどういった食事や生活習慣が大事なのかをお話させて頂きました。
酸化や糖化を防ぐ食事や栄養のお話、そして現代では必須の知識となる重金属や環境汚染、化学物質などのお話と、身体に取り入れた方が良いもの、逆に取り入れない、取り入れたら排出するべきものと言ったプラスとマイナスの面からお話しました。

みなさん、「食べるものがない!」や「えー怖い!」と言った声も多かったですが、確かに現代では安全な食材が少なく、また環境毒も知らないうちに身体に入り込んできます。
しかし、まずは現状を知ることが何よりのスタートです。
そして、今日お話した中で、ご自身の生活で実践出来ることを少しずつでも取り入れていって頂けたらと思います^^。

 

セミナーにご参加のみなさま、本当にありがとうございました。
帰り際にも、いろいろと嬉しいお声を頂いて感謝しております。

 

老化と栄養2−1

 

次回は、6月27日(月)に「糖尿病と栄養」というテーマでお話させて頂きます。
席に限りはありますが、ご興味のある方がいれば是非^^。

◉知っ得ゼミナール「糖尿病と栄養」

日時:6月27日(月)10:30〜12:30
会場:TKP 横浜駅西口カンファレンスセンター(地下2F・カンファレンスルーム1)045−412−4362
参加費:500円
講師:栄養医学研究センター/健康・栄養指導士 小菅一憲

お問い合わせ/参加申し込み:栄養医学研究センター/笹塚クリニック 03−3375−4087
サイト:http://www.sasazuka-cl.com/semi.html

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

和太鼓イベントへ

先日、院長の友人の和太鼓の発表会に行って来ました!

どの演目もすごい迫力でした。

一番驚いたのは、女性陣の力強さ。エネルギーがみなぎっていました。

お腹の赤ちゃんも聞こえていたのか、ずっと中からポコポコと蹴っていました。

一緒にノッテてたのか、それともちょっと音が大きくてびっくりしたのかな・・・

 

和太鼓②

 

和太鼓①

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

明けましておめでとうございます!

正月

 

みなさま、明けましておめでとうございます!

 

お正月はいかがお過ごしでしたか?
カイロプラティカは1月5日(火)より通常営業しております。
お正月疲れのある方など、是非是非いらしてくださいね。

 

そしてご存知の方もいると思いますが、現在妊娠9ヶ月になりました。
40歳にして自然に授かることができ、カイロプラクティックの治療とサプリメントのお陰だと思っております。
予定日は2月の終わりです。1月はたまにカイロプラティカにも顔を出してるかもしれませんが、今年はしばらくお休みを頂きます。

また、みなさまに笑顔でお会いできるのを楽しみにしております^^

 

ではでは本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

12月の勉強会「現代で食べるということ〜あなたの食べている食事、本当に大丈夫ですか?〜」

先日12月の勉強会を開催致しました。
内容は「現代で食べるということ〜あなたの食べている食事、本当に大丈夫ですか?〜」でした。

 

遺伝子組み換え作物のお話や、家畜や魚に抗生剤・ホルモン剤を使用しているお話などなど・・・
スーパーで売っているものがちょっと怖くなるようなお話でした。
加工食品を食べていなければ大丈夫!と思っている人がいると思いますが、今一度見直した方が良さそうです。

 

そして今年最後の勉強会!

クリスマス前ということもあり、ご参加頂いたみなさまに「クリスマス島の塩」をプレゼントさせて頂きました。
このお塩は、海水からできている塩で身体に大切なミネラルをたっぷりと含んでいます。

お塩で血圧が上がると思っている人いませんか?
実は、大間違い。合成された食卓塩のようなお塩は血圧上げてしまいますが、海水からできているミネラルを沢山含んだお塩は、血圧を下げてくれるのですよ〜。
少しお値段が高いかもしれませんが、お塩を使うときは海水塩にしましょう^^

 

今回は20回目の勉強会でした!
ここでひとまず区切りをつけて、来年からはパワーアップした形で勉強会を開催したいと考えております。
また勉強会についてはお知らせしますので楽しみにしていてくださいね!

 

ではでは今年1年ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

勉強会2015.12.20.1

 

勉強会2015.12.20.2

 

勉強会2015.12.20.3

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

遺伝子組み換え(GMO)の怖さ

GMO

 

今日は遺伝子組み換え作物のお話をしようと思います。

 

遺伝子組み換え作物は英語でGenetically Modified Organismといい、略してGMOと呼ばれています。

GMOは、遺伝子を人工的に操作して除草剤や害虫に強い性質の作物を作ったものです。
昔から優れた品種のものを作り出すために、従来の交配が同じ種(例:稲と稲)同士を掛け合わせることは行ってきましたが、遺伝子組み換えではほうれん草の遺伝子を豚に、バクテリアの遺伝子を大豆に組み込ませるようなこと等を行い、自然界にないものを強制的に遺伝子の操作をしてしまうのです。

考えるだけで怖いですよね。

 

そしてGMOが悪いと言われているのは、そういった食品を長期にわたり食べ続けていると、アレルギーやガン、白血病、膠原病、不妊症などの健康被害をもたらすことがわかっているからです。
最近では、子どもにもアレルギーや自閉症などの症状が増えているので、おそらくGMOが関与しているのではないかと思います。

 

また、日本で販売・流通が認められているGMOは、大豆・トウモロコシ・じゃがいも・菜種・綿・アルファルファ・甜菜・パパイアの8品目で、その中でも主に流通しているものは、大豆・トウモロコシ・菜種・綿の4品目です。

日本ではGMOの栽培が禁止されているわけではありませんが、商業的な栽培は行われていないので、ほとんどが輸入されているものになります。

 

避けていれば大丈夫!と思いがちですが、実はこれらの食材は知らないうちに私たちの生活に入りこんでいるのです。
例えば、サラダ油などの植物性食用油やマヨネーズ等は、原材料に多くの遺伝子組み換え作物が使われています。
他にも、ジュースやお菓子などに入っているブドウ糖果糖液糖は、原料がトウモロコシでんぷんです。自宅で料理をする時は避けることができますが、外食時はほとんどがこのようなものが使われていると思ってよいでしょう。

また、牛や豚、鶏等の家畜の餌にも遺伝子組み換えの穀物が使われている場合が多いので、少し値段が高くなりますが、そういったものを餌に使用していないと表示されているものを購入することをお勧めします。

 

最終的に遺伝子組み換えをしたタンパク質が残っていなければ表示義務がないので、今一度私たちの食卓を見直す必要がありそうですね。

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

Merry X’mas!

クリスマスはいかがお過ごしですか?

先日ミッドタウンに行って来ました。

たまたま行ったら、クリスマスイルミネーションが見れてラッキーでした〜

すごい人でびっくりしましたが、とても奇麗でしたよ^^

 

2015Xマス①

 

2015Xマス②

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法