副腎を大切にする俺的生活スタイル

美容院に行って思ったこと 〜健康と完璧なスタイリングの両立は難しい?〜

女性の髪の毛を切っている写真|副腎疲労blog

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

私は、自分のクリニックを開業してから、美容院に月1回行くことに決めています。
以前は、2ヶ月、3ヶ月おきだったりもしたのですが、やはり接客業ですし、先生と呼ばれる立場でもあるので、身だしなみはしっかりしている方が良いですものね^^。

 

先日も、表参道の行きつけの美容院に行って髪を切ってきました。

担当の方は、年も近いこともあって、髪の悩みはなんでも伝えられるのですが、その日もパーマで髪が痛むという悩みについて話をしていました。
私の髪は、元々は直毛で美容師さんが言うにはかなりしっかりとした髪質なので、定期的にパーマをかけることでいつものスタイルを保っています^^。
昔行っていた美容室で、パーマをかけていたら、だんだんと髪が傷んできてちょっと悩んでいたのですが、現在の美容院に行き始めてから、また髪の状態は良くなりました。

 

 

 

これは、美容師さんが髪の状態を気にして、パーマ液を弱いタイプを使っていたのだそう。
また、1ヶ月に1回という頻度で通うので、毎回パーマをかけずにパーマ、カット、パーマと間にカットだけの回を挟むようにしました。そうしたら、髪は痛まず比較的良い状態をキープ出来たのです!

しかし、去年の後半ぐらいからなんとなくパーマをかけてもしばらく経つとまとまらないようになってきてしまったのです。男性なので、髪のことはそこまで気にしているわけではないのですが、例のごとく相談すると少し強めのパーマ液に変えて1月半ごとにパーマをしていくことになりました。

 

 

 

 

これで大分髪のキープ力は良くなり、とても満足していたのですが・・・

現実はなかなかうまく行きません。
今度はまた髪が傷んできてしまいました。苦笑。
そこで今回の相談だったのですが、やはりパーマ液を強くしたことと毎回パーマにしたことで痛みが出てきてしまっているということ、そして、その時の髪の状態によっても変わってくるとのことでした。

 

難しいですよね・・・。

やはり健康に携わる身としては、なるべく髪に優しいものを選びたい。
でもそうすると、髪がまとまらない。笑。

 

 

 

 

とりあえず、今回はパーマは一旦やめて、カットだけにして様子を見ることに。
次回は、髪に優しいものを選びたいと内心では決めています。

 

 

 

 

そして、その美容院で最近、オリジナルでスタイリング剤を作ったそうなので試してみました。

 

2種類あって、一つは女性用とされているもので、シアバターや蜜蝋などのオーガニック素材で出来たヘアクリーム。そしてもう一つは男性用とされているワックス、ジェル、グリスのすべて良いとこ取りしたヘアワックス。

女性用のヘアクリームは、すべてオーガニック素材なので、髪にとても馴染みやすいし安心感がありますが、セット力は弱い。もう一つの男性用ヘアワックスは、強力なセット力で自由自在にスタイリングを楽しむことができますが、オーガニックとは程遠いジャンキーな素材です。

 

 

 

やはり、人間の自己満足をあげようとするとジャンキーな方に行くんですかね・・・。
そして、自然なもの、身体に優しいものを選ぶと、すべては自分の思い通りにはいかない。

 

 

 

 

そんなことを考えていました。

でも元々は、そういったヘアスタイリング剤なんてなかったのだから、自然なものだけしか存在しなかった頃を思えば、それはそれで満足していたんですよね。

 

副腎には、もちろんあまりジャンキーじゃないものの方が良いです。

スタイリング剤はもちろん、シャンプー、洗剤なども、化学製品が入っているものは、身体に炎症を起こしたり、細胞の働きを悪くしたり、副腎疲労を起こしかねません。
やはり、自然なものが1番ですね。

 

 

 

 

ってか、もしかしたら何も使わないのが1番自然なのかも・・・。
そりゃあそうだ。苦笑。
女性でもお化粧やWAXでスタイリングをしなくても、スッピンや自然体で綺麗な人っていますよね〜。

私も、なるべくナチュラルで自然に格好良い(綺麗な)人でいたいと強く思いました。

 

本当は、食事の話をしようと思ったのですが、美容院の話をしていたら、終わってしまいました。

許してください。こんな日もあります。笑。

 

 

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ

私は・・・
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile
詳しいプロフィールはこちら^^。

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方
副腎疲労の症状に当てはまる方
食事や栄養の相談がしたい方

などなど・・・

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま
是非、お気軽にご相談くださいね。

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。

Thank you for reading to the end.

 

旅行先でのグルテンフリーは難しい!?

小麦粉製品とグルテンフリーの文字|副腎疲労blog

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

今日は沖縄最終日。

いやー今回は、コンドミニアムタイプの宿にして正解でしたね。

しかもサーフィン出来る海の目の前。
これ大切です。
サーフポイントの場所が離れているとやはり車で移動がありますからね。
小さい子どもがいると何かと大変です。

でも今回は、海の目の前の宿なので、朝サーフィンしてその後うちの奥さんにバトンタッチ。
奥さんが海に入っている間にランチを自炊なんてことも出来たわけです。
子どもはその間外で待つこともなく、家の中で遊べる。
最高でしたね。こののんびり感。

 

 

 

そうそう。
私はもうかれこれ、グルテンフリー・カゼインフリーを続けて10年近くになります。

あ、グルテンフリーは小麦製品を食べない(グルテンは小麦に含まれるたんぱく質です)こと。そして、カゼインフリーは乳製品を食べない(カゼインは乳に含まれるたんぱく質です)ことです。

こんな食事、やはり旅先ではなかなか難しい。
となるとコンドミニアムタイプで自炊はかなり良いです!
みなさんにも是非おすすめします。コンドミニアム。

自炊して食べていると、やはりお腹の調子は良いですし、便通も安定しています。
大抵旅行先では便秘になりやすい私(合わないもの食べると下痢しやすい)。
これ助かります。

 

 

 

ただ、もちろん旅行先で美味しいもの食べるというのも、一つの楽しみです。
今回ももちろん外でも美味しいもの食べています。笑。
でも朝食を自炊はとても便利です。
私は朝、炭水化物を食べないので、そういった意味でもスーパーで美味しそうな野菜を買ってきて、それを茹でたり蒸したり、そしてたんぱく質を食べたり・・・なかなか外では難しいです。

子どもはご飯も食べますが、そういった自然な食事に慣れているので、朝はこのパターンがお決まり。

今回は、夕飯まで作ろうとは考えていませんでしたが、子どもが外で真新しいものをなかなか食べなかったりするので、半分ぐらいは宿で自炊することに。笑。
それはそれで、良かったです。

 

 

 

 

さて。今日は旅先でのグルテンフリーについて。

副腎疲労の方には、私も勧めることが多いグルテンフリー・カゼインフリー。
実践しているうちの患者さんでも、旅行先での食事は困っている方が多いようです。

 

たしかに海外旅行では、数年前までは本当に大変でした。
アジア以外はパンが主食のところが多いですからねー。

でもここ数年は、海外でも食事に対する健康意識が高くなってきていて、ちょっとしたレストランに行くとメニューにgluten freeやdaily free、そしてveganなんて文字が書かれているので、本当に助かります(これは日本より進んでいますよね)。

 

まあ、もちろん全てではないので、気になる方は店員さんに聞くのが1番ですね。
聞かずに、メニューを見て頼んでしまうと、「あ、魚にパン粉がまぶしてあるー!」とか「ソースに乳が入ってるー!」とか普通にありますからね。笑。経験済みです。

英語のメニューで読んで注文しても、自分の想像した料理と違ったものが出てくることも多い。
写真付きのメニューだと助かりますが、なかなかないですからねー。

 

 

 

 

さてさて、でもやはりそんなことは言っても少しは入ってきてしまう、小麦製品や乳製品。

 

 

 

自分が頼んだ料理が想像したものと違ったものが出てきたケース(小麦や乳が入っていた!?)。

食べるお店がなかなかなくて、入ったお店がほぼ、小麦・乳を使っている。もしくはパンしか主食がないケース。

自分から進んで食べてしまったケース。

 

 

 

最後の「自分から・・・」は、自分でどうしても食べたいケースです。笑。
やはりあると思いますよ。女性では海外行ってどうしてもここのパンケーキ食べたいとか、美味しいチーズを食べたりとか。

私も実は今回の旅行やってしまったんです。
普段は抑制しているのですが・・・。

(blogの最後読んでください)

 

 

 

⭐️ 副腎疲労になぜグルテンフリーとカゼインフリーが良いのか!?

 

副腎は、ストレスに対処する臓器。
様々なストレスによって体内に炎症が起こると炎症を抑えるために働かなければなりません。

副腎疲労を回復するためには体内の炎症を減らしていく作業、これがとても大事です。

体内のどこで炎症が起こっているのか。
そして、炎症の原因は何なのか。

 

 

 

そういった意味で、腸粘膜の炎症の引き金になりやすい代表格であるグルテンとカゼインを避けていく食事が、副腎疲労のケアに最適というわけです。
もうアメリカでは、副腎疲労と言ったら「GF(グルテンフリー)」「CF(カゼインフリー)」をすることは当たり前といった世界になっているぐらい重要です。

 

もちろん、グルテンやカゼインにアレルギーの方もいますが、そうでなくても副腎疲労の方では、グルテン・カゼインに過敏な方がとても多いです。

 

 

 

 

グルテンは、小麦や大麦、ライ麦に含まれるたんぱく質で、カゼインは乳製品に含まれるたんぱく質ですが、これらのたんぱく質は消化しづらく、腸の粘膜の隙間(食べ物の最小単位の分子が通るところ、最小分子でなくては通れないようになっている)を固定しているクローディンというたんぱく質を溶かしてしまうと言われています。

このクローディンは、糸のように腸粘膜を縫って固定しているのですが、これが溶けてしまうと腸粘膜の隙間が緩んで、広がってきます。いわゆる「腸管壁浸漏」(LGS:リーキーガット症候群)の状態になってしまうのです。

もちろん、炎症も起きますから、副腎にも大ダメージです。

 

 

胃腸の消化が弱かったり、もともとお腹が弱い方が、毎日、こういったグルテン・カゼインを摂る食事をしていると腸の炎症がなかなかおさまらず、腸粘膜の回復も追いつかなかくなり、ここに睡眠不足やストレスなども重なって胃腸が荒れる状況が続くと、食物アレルギーや副腎疲労の発症につながります。

 

 

 

 

胃腸の弱い方、便秘や下痢の多い方、副腎疲労の方には、このグルテンフリー・カゼインフリーは本当におすすめです。

お腹や体調が回復する可能性大です!

 

是非、グルテンフリー・カゼインフリーといった食事を実践することで、胃腸(身体)の負担を減らして、副腎を労ってあげてください!

 

 

 

 

そして、旅先でのこれらの食事。

私のようにコンドミニアムタイプに泊まって、自炊がベストですが、それ以外でしたら、なるべくアジアンのお店に入る、もしくはメニューの中でグルテン・カゼインを使っていないものを選ぶ、店員さんに聞くというのが良いです。
下調べも重要ですねー。

 

それで、もし食べてしまった場合。
これは、その後お腹のガスの発生や逆流性食道炎、そして臭いオナラや便秘・下痢につながるので、乳酸菌を摂って腸を整えるのはもちろん、EPA・DHA、ビタミンDなどの炎症を抑える物質を摂って副腎をサポートしてあげてください。

またもう食べることがわかっているのであれば、塩酸ベタインのような胃の消化を良くするもの、またグルテン用の消化酵素サプリメントもインターネットで購入することが可能なので、そういったものを使うのもアリでしょう。

 

 

 

 

私は、今回の旅行先は沖縄なので、さほどグルテンフリーは難しくないのですが・・・

今回は近くに美味しそうな「沖縄そば」屋さんがあって、どうしても食べたくて食べてしまいました。
いやー本当に久々に小麦の麺食べましたね〜。

もちろん、それはそれはで美味しかったのですが、やはり久々に小麦を摂取すると、その後の調子でやっぱり良くないんだと再認識しますね。笑。

「やっぱグルテンはダメなんだなぁ。」って。

 

 

もちろん、副腎疲労の絶不調時には、私も怖くて全く食べませんでしたが、今ではたまに少しグルテンが入っていてもそこまで体調を崩さなくなったので、こういう旅行先ではたまに食べてしまうこともあります。

でも、やっぱりそこで気付くんですよね。

 

 

 

私は、乳製品を摂った時は、すぐに頭痛や不安感、気持ちの落ち込みが出てきます。たくさん摂れば下痢です。

ただ、小麦製品の場合は、また出方が違ってその後すぐには症状があらわれません。
何時間か後にお腹のガスが溜まってきて、お腹がパンパンに。おならも良く出るようになりますし、それで苦しくなって気分が悪くなったり、ひどい場合は逆流性食道炎っぽい症状が出てきます。

次の日も大抵、お腹の膨満感は続きます。腸もガスであちこちが引き伸ばされて、痛くなります。
そして、必ず軟便に。
お腹が痛くなって何回かしてしまうこともあります。

大体便の状態は1週間ぐらい調子悪いのが続きますね。
今回はどうなることでしょう。笑。
とりあえず、やはりガスは多かった。

 

まあでも、そこで食べたことも良い思い出です。

たまにはグルテンフリーも息抜きをするのもありです。
体調がある程度回復していて、出来る人はですが・・・。
そうやって、グルテンがやはり合わないことを再認識する。
これもまた大事かもしれません。

 

 

 

みなさんも旅先での工夫あれば、教えてくださいね^^。

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ

私は・・・
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile
詳しいプロフィールはこちら^^。

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方
副腎疲労の症状に当てはまる方
食事や栄養の相談がしたい方

などなど・・・

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま
是非、お気軽にご相談くださいね。

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。

Thank you for reading to the end.

 

新春餅つき大会

餅つき大会|副腎疲労blog

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

今年の目標の1つに「自分が好きなことを大好きな仲間と思いっきりやる」というテーマをかかげましたが、今日はまさにそんな日でした。

 

 

私の患者さんだと知っている方も多いと思いますが、私の趣味の1つがサーフィンです。
幸運なことに、私の奥さんも海が大好きで、波乗りにはまっているので、昔から休みの日は必ず海にいきます。

結婚する前は、男友達や先輩と一緒に波乗りをして、海の中でもいろいろな話をし、海から上がってもご飯を食べながらその日の波の話で盛り上がる、そんな週末がとても楽しみでした。でも、結婚してからは夫婦で行くことが多くなり、現在は毎回子ども連れです。

 

 

 

そんな私たちでしたが、去年はサーフショップつながりで新しい友人と知り合うことができ、また新たに一緒に波乗りにいく仲間が増えたのです。

やっぱり、仲間や友人と行くと海はもちろん、トークも盛り上がるので楽しさが倍増します。

 

 

新春餅つき大会|副腎疲労blog

 

 

今日は、そんなサーフショップつながりの仲間が集まっての「新春餅つき大会」でした〜。

 

 

 

知らない人ももちろんいるのですが、楽しい雰囲気の中にいると少しずつ知り合いが増えていくんですよね。

こういう機会って年齢が上がっていくに連れて少なくなっていく傾向にありますが、大事にしたいと思っています。

 

 

 

⭐️ 餅つき大会っていうのがいいよね!

 

今時、餅つきを経験できる機会ってなかなか少なくなってきていると思います。

 

 

 

今日は、そのサーフショップに地元の人も集まり、みんなでペッタンペッタン、想い想いに餅つきをしました。
もちろん我が子も微力ながら、ペッタンペッタン。
いろんな人に可愛がってもらいながら、楽しそうでした。

そう。やはり子どもがいるとこれまた知らない人とも話しやすくなります。
これはどんな親御さんも経験していると思いますが、小さい子がいるとみんな自然と笑顔になるんですよね。
こういうのって、子どもがいない時はあまり感じたことなかったのですが、とても幸せなことだなと思いますね。

 

 

新春餅つき大会|副腎疲労blog

 

 

いやーつきたてのお餅の美味しいこと美味しいこと。

良い人たち、好きなことを共有できる素敵な友人達の温かい雰囲気の中で、食べるお餅やお雑煮は最高でした。
正月同様、炭水化物過多になってしまったのは否めないですが。笑。

 

 

 

その後は夕暮れまで、仲間でサーフィン。

気持ちの良い日でした^^。

 

 

 

 

よくうちの患者さんからも聞きますが、旅行に行くと、普段食べると調子が悪くなる食べ物を食べてもそんなに悪くなりませんでしたというお話。
これは明らかに、いつもの環境から飛び出して、副腎が解放されて調子よくなるからですよね。

普段のストレスがないので、身体の中で起こる少しぐらいの炎症なんて抑えてくれるんです。

もちろん、副腎疲労が重度の方は、解放されてもすぐに調子よくなる人ばかりではないので、注意は必要ですが、こういうのってよくあります。

 

 

旅行は、年がら年中しているわけにはいきませんが、こういう1日だけでも少し遠出して、自然の中で身体を動かしたり、いろんな人と会話し、笑ったりすることは、副腎の解放につながると思います。

ま、副腎とやかくより、楽しいのが1番ですね!笑。

 

 

夕暮れの海岸|副腎疲労blog

 

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science 
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ  

私は・・・ 
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。 
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。 
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。 
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile  
詳しいプロフィールはこちら^^。  

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/ 
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。  

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方 
副腎疲労の症状に当てはまる方 
食事や栄養の相談がしたい方 

などなど・・・  

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。 
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。 
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま 
是非、お気軽にご相談くださいね。  

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。 
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。 
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。  

Thank you for reading to the end.  

 

新年から始める副腎に優しい食べ方ルール

木の箱に入った新鮮な野菜を持っている人|副腎疲労blog

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

いやー!2018年。

始まっちゃいましたね〜。
みなさん、お正月いかがお過ごしでしょうか?

 

 

私たち家族は、1日から軽井沢に来ています。

こちらは天気はとっても良いですが、朝から霜が降りて、キンキンに冷えています。

 

プリンスのアウトレットはものすごい人混みですが、私たちは足裏のマッサージを受けたり、公園で子どもを遊ばせたりとのんびり過ごしています。

 

 

 

さて・・・

昨日は、健康の基本としてやはり「よく食べ、よく寝て、よく笑う」が大事というお話をしましたが、この食べるということ、なんでも!というわけにはいかないのは現代の食環境なんです。

ひと昔前までは、いろんなものを万遍なく食べていれば、健康だったのですが、今はそうはいきません。

食べると身体に悪いものもたくさん溢れていますから。

 

 

今日は、副腎に優しい食べ方ルールということで、新年からスタート出来る簡単な食事の仕方をお話ししましょう!

今年は是非これを参考にして、副腎を労わりながら、健やかに過ごしてください〜!

 

 

 

⭐️ 副腎に優しい食べ方ルール

 

⭐️ 1日3食をしっかりと食べる。必要であれば間食(甘くない)も。

 

一般的に「1日3食の食事」が勧められているのは、みなさんもご存知かと思います。
ただ、最近は現代人は食べ過ぎ、1日1食が良い、また粗食がベストなど様々なことが言われてきています。たしかにそれも一理あります。

しかし、副腎が疲れている人や副腎が元々弱い人はコルチゾールの分泌が十分でないので、血糖値が下がりやすく、血糖値を上げてくれる定期的な食事はとても重要。

とくに朝はコルチゾールをたくさん分泌しなくてはならないので、そのサポートのためにも朝食は不可欠です。
私も小さい頃、朝食を抜いて学校に行ったら、貧血で倒れてしまい、それからというもの朝食だけはどんな時も欠かしませんでした。

そして、食事と食事の間隔が空いたり、小腹が空いた時は、健康的な間食がオススメです。
鳥のささみ、ナッツ類、野菜スティック、ゆで卵などが良いでしょう。

 

 

⭐️ 毎食、かならずたんぱく質を食べる。

 

副腎が弱っていると血糖値が上がったり、下がったりして、身体の状態が安定しません。
とくに炭水化物だけの食事は、血糖値の不安定な状況を作り出し、副腎に負担をかけます。
3度の食事でしっかりとたんぱく質を食べると、お腹が空きずらくなり、血糖値も長持ちします。是非毎食時に必ずたんぱく質を意識してください。

そしてこのことは、当院にご来院された方に必ず伝えていることでもあります。
また私自身も「おにぎり」だけとか、「麺類」だけとかはなるべくせずに、必ず野菜とたんぱく質を摂るように意識しています。お肉、お魚、大豆製品、卵。なんでも良いです。

例えば・・・
焼き魚や鶏肉の炭火焼などの主菜に、野菜サラダや野菜の煮物、または豆腐などの副菜、そして味噌汁などを加えたような定食のようなものがベストです。

 

女性はたんぱく質不足の方が多く、それだけでも疲労やむくみ、月経の問題が起こるので、たんぱく質を意識するだけでも元気になる方がいますよ〜。

 

 

⭐️ 同じ食材に偏らない、季節に合わせたいろいろな色の食材を食べる。

 

副腎が疲労していると、胃腸が弱っている人が多いです。
こういった消化能力が落ちている時に、毎日同じ種類の食材ばかり食べると食物アレルギーや食物不耐症のリスクが増えます。

私自身も以前、毎日のように鮭や豚肉を食べていたら、これらの食材に過敏になってしまったことがあります。

またこれはよく言われることですが、季節に合わせた食材の方が、栄養価が高いので、その季節のお野菜を摂ることが非常にオススメ。
そして、カラフルな色のお野菜を取り入れることで、それらの野菜はリコピンやカロテン、アントシアニンなどのファイトケミカルという植物特有の有効成分を含んでいるので、身体に取り入れてあげると副腎のサポートになります。

選り好みせずに、いろいろな食材を食べ、季節のものを選び、いろいろな色の食材を取り入れる。

 

こういったことを考えると、健康の基本は「よく食べる」というのは、当たっているのかなと思います。

 

実は、健康に気を使って選り好みして食べている人より、いろんなものを好き嫌いせずに食べている方の方が健康だったりします。笑。
もちろん、加工食品や外食ばかりでは駄目ですが・・・。

アレルギーや不耐症がある方は、また食事が変わってきますが、基本的には食べれるものの中でいろいろな食材をローテーションで食べていくというスタイルは変わりません。

 

 

⭐️ 加工食品を摂らずに、調味料にも気を使う。

 

4つ目のこれを意識するだけでも、かなり健康になれると思います。

スーパーでお惣菜や加工食品のラベルを見てみてください。これらの食材には日にちが経っても、見た目が美味しそうで、劣化しにくく、味も良いように、それこそたくさんの添加物や化学調味料が含まれています。

私は、ラベルを見て少しでも自然でないものが入っていると、恐ろしくて、どんなにお腹が空いていても食べません。笑。

 

そして家での食事でも、外で買ってきたようなドレッシングやソース、ケチャップなどには、果糖ブドウ糖液糖や添加物、保存料が含まれています。それよりは、天然の海水から作られたお塩、そしてノーマルな醤油などが良いでしょう。
ドレッシングも、質の良いオリーブオイルやシソ油、エゴマ油などにお酢を入れて(2:1)、それに塩・胡椒を適量混ぜれば、簡単に美味しいドレッシングが出来上がります。お好みで擦りゴマやハーブ類を入れても最高です。

外で加工食品を買う・食べることをやめて、家で使う調味料を一新すれば、それだけでも身体に人工的な悪いものが入ってこないので、胃腸も炎症を起こしずらく、とても健康的になれます。

 

 

⭐️ 質の良い油を摂る。オメガ3の油を意識する。

 

 私たちの身体の細胞膜を作っているのは、油です。
この油のバランスが良いかまた質の良いもので作られているかで、あなたの健康度合が変わってきます。

現代人は調理用の油を控えて、オメガ3系の油「シソ油、エゴマ油、亜麻仁油、グリーンナッツオイル」を積極的に摂り、EPAやDHAの豊富なお魚を週に3回ぐらいは食べるようにすると良いでしょう。

私は、普段の調理に比較的有害物質の少ない有機米油を使い、料理の好みに合わせて、なるべく質の良いオリーブオイル(低温圧搾、遮光瓶に入ったもの)やごま油などを少量使っています。

 

 

⭐️ 身体の代謝を悪くしてしまう「毒」に気をつける。

 

私たちの身体や副腎のために気をつけていきたいのが、農薬や遺伝子組み換え食品など。さらには、水銀を多く含んだ大型魚、そして、人間が作り出した人工的な油であるトランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、ファーストフード、コーヒーフレッシュなど)、もちろんアルコール類。

これらのものは肝臓に負担をかけるだけでなく、人間の代謝を阻害し、身体に炎症を起こします。炎症が起こると副腎が頑張ってコルチゾールを出さなければならないので、副腎にも負担がかかるというわけです。

 

 

⭐️ できる範囲で、甘いもの、カフェイン、グルテン、カゼインを控える。

 

これらは、腸に炎症を起こし、腸内環境、腸内フローラを悪化させます。
腸の炎症が慢性的になると、カビ菌の温床になったり、アレルギーを引きおこす元にもなりますので、ご注意を。

 

この食品を控えるだけでも、身体はかなり変わりますが、なかなか全てを控えるのは現代人には至難の技かもしれません。
女性からは、「えー楽しみにがなくなっちゃう!」という声が聴こえてきそう。

もちろん、食事制限が返ってストレスになってもよくないので、緊急の場合(副腎疲労の症状が酷いケース)でなければ、出来る範囲で適度に楽しんで制限してみてください。

 

 

⭐️ 夜9時以降はなるべく食べない。

 

夜9時以降は、胃腸はもちろん、副腎や膵臓などもお休みの時間です。
この時間にたっぷりと食事を摂ってしまうと、夜中も胃腸が働き続け、胃腸が弱い副腎疲労の方には負担になります。またそれがきっかけで逆流性食道炎の症状が引き起こされることもあります。

また、夜食べてしまうとそこから身体が元気になったりして、なかなか睡眠モードに入れません。

もちろん、仕事柄食事が遅くなる方はいらっしゃると思いますが、そういった場合は、夕方に一旦間食や軽い食事を摂り、夜はビタミンやミネラル豊富な野菜や海藻類、そして消化に良さそうなたんぱく質を少量摂ると良いでしょう。

 

 

 

 

いやー、なんだかんだ書いていたら8つにもなっちゃいました。

 

最後にみなさんにお伝えしたいことが1つ・・・

 

私たちの身体は、毎日食べたものからできています。
身体に良いという食べ物はいろんなところで紹介されていますが、それが全てではありません。

巷で良いと言われているような真新しいもの、住んでいる土地ではあまり採れないようなものを、食べたからと言って必ずしも健康になるということではありません。

 

人によって合う食材、合わない食材があります。
私は、やはり小さい頃からその土地で採れる慣れ親しんだ食材が1番その方に合っていると思います。
あまり馴染みのない海外のオイルを摂ってみたり、南国のスーパーフルーツを摂っても、それが良い方向に働く人と、逆に体調を崩してしまう人といます。

自分に馴染みのある食材で自然なものを、毎日選り好みせずにいろいろ食べていくのが1番良いのではないでしょうか?

 

 

 

ここで話した食べ方ルールは、すぐに全てを実践できなくても、少しずつでも良いので自分の生活に無理なく取り入れてもらえると、必ずやあなたの身体に反映してくると思います。

私が保証します。笑。

毎日イキイキと過ごすため、副腎が元気に働くために、食生活の改善は欠かせません。
是非、今年は思い切って取り入れましょう〜。

やる気のある人は今年の目標にしちゃうのはいかがでしょう?

 

 

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science 
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ  

私は・・・ 
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。 
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。 
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。 
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile  
詳しいプロフィールはこちら^^。  

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/ 
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。  

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方 
副腎疲労の症状に当てはまる方 
食事や栄養の相談がしたい方 

などなど・・・  

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。 
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。 
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま 
是非、お気軽にご相談くださいね。  

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。 
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。 
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。  

Thank you for reading to the end.  

 

副腎疲労にちなんだ今年の目標たててみました〜

 お雑煮|副腎疲労blog

 

みなさん、

明けまして、おめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

去年は、いままで以上に副腎疲労の方を診るようになって、もちろんそれぞれの方が、大きなストレスや悩みを抱えていらっしゃるんですが、やはり副腎疲労にならないように、そして副腎疲労から回復するためには、日々の生活の積み重ねがとても大切であるということを再認識しました。

 

 

些細な日々の積み重ね。

実は、ここが出来ていないっていう方がとても多いんです。

 

よく食べ、よく寝て、よく笑う。

やはりこれ、生活の基本です。

 

 

 

人の身体の健康を決めるのは、遺伝的な要素が50%、残り50%は環境的な要素と言われます。
変えられない遺伝的要素があるのは事実。しかし、残り半分は良くも悪くも、変えていけるんです。

毎日の生活習慣ももちろん大事ですが、

どういう生活を送っていくか、これが何より大切なわけです。

 

 

みなさん、よく食べ、よく寝て、よく笑っていますか?

自然体で生活し、信念を持ってイキイキ生きていく。

そんなことが大事なんだろうなと強く思う、1年でした。

 

 

 

⭐️ 今年の目標・・・

 

⭐️ 計画を持って毎日有意義に過ごす。

⭐️ スマホを見る時間を3分の1にする。

⭐️ 自分が好きなことを大好きな仲間と思いっきりやる。

 

 

 

そんな去年を過ごして、自分なりに今年の目標を。

普段あまり明確には目標はたてないんですが、今年はしっかりたててみようと。

 

 

1つ目

計画を持って毎日有意義に過ごす。

 

当たり前のことなんですが、なかなか出来ないんですよね。
誰でも、毎日予定通りに物事が進むと、気持ち穏やかに過ごせる気がします。
予定外のことがあると気持ちが乱れます。

もちろん、なかなか毎日予定通りにうまくいくことなんてないのですが、これがある程度出来るとストレスも溜めにくく副腎疲労になりずらいと思うんです。

身の回りをしっかりと整理して、スムーズに仕事が出来る環境作りをする。
やることをその日その日で終わらせて、スッキリする。

今年は努力してみたいと思います。

 

 

2つ目

スマホを見る時間を3分の1にする

 

インターネットを使った情報社会は本当に世の中を変えたと思います。
そして、それを手軽にどこでも可能にしたスマートホン。

しかし、このスマホが副腎疲労を加速していると思います。
スマホの画面を見ていると交感神経が優位になり、身体が緊張状態になります。
今はどこにいても、時間が出来ればスマホをいじります。

こんな状態では、なかなかリラックスすることが出来ません。

 

私も例外ではありません。
先日久し振りにスマホを家に忘れて出てきてしまい、1日スマホなしで過ごしましたが、若干不便を感じるものの、頭や身体のスッキリ感はスマホを見て過ごしている1日とは全く違うものでした。

昔は、みなさんも電車の中や寝る前は、読書や物思いにふけってゆっくりとした時間の使い方をしていませんでしたか?

 

スマホは、副腎疲労を加速させます。

今年、スマホ時間を激減させることを大きな目標にしたいと思います。

 

 

3つ目

自分の好きなことを大好きな仲間と思いっきりやる。

 

私は、趣味の時間はかなり取っている方だと思います。
でも毎回思うのは、自分の好きなことをやっている時間というのは、何も考えないで無我夢中になれるということです。

普段いろいろと悩んだり、些細なことをずっと考えたりしていても、自分の好きなことをやっていると頭がからっぽになれます。この頭をからっぽになる時間がとても大切です。
人によっては、寝る前に瞑想をするだけでも、ストレスから解放されると言います。
こういう時間を持つというのも、副腎疲労になりずらくなる1つの工夫です。

そして、今年は、こういう時間を大好きな仲間とやりたいですね。
結婚して家庭を持つとなかなか仲間や友人に会う時間が少なくもなってきますが、積極的に仲間との時間を作っていきたいと思います。

 

 

 

みなさんは今年、どんな目標をたてましたか?

是非とも、副腎疲労になりにくい目標を1つ入れてみてください。

 

 

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science 
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ  

私は・・・ 
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。 
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。 
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。 
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile  
詳しいプロフィールはこちら^^。  

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/ 
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。  

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方 
副腎疲労の症状に当てはまる方 
食事や栄養の相談がしたい方 

などなど・・・  

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。 
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。 
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま 
是非、お気軽にご相談くださいね。  

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。 
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。 
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。  

Thank you for reading to the end.