当院について

 

CHIROPRATICA  コンセプト

2012年、東京の麻布十番で「カイロプラティカ」は誕生しました。

“本当の健康の素晴らしさを実感してもらいたい”
“気持ちよく治療を受けて頂き、笑顔になってもらいたい”

カイロプラティカは開業以来、このコンセプトと共にたくさんの方々とお会いしてきました。

 

CHIROPRATICA  特徴

1.カイロプラクティックで検査・治療を行い、必要な方には栄養療法を行います。
2.WHO国際基準のカイロプラクターがいる日本では数少ない治療院です。
3.カイロ上級テクニック「アプライド・キネシオロジー」を使って、より難しい問題に対処しています。

 

CHIROPRATICA  想い

現代になってお医者さんに行っても良くならない症状が増えました。
それはここ何十年かで様々なことが変わったからです。
食が欧米化し、コンビニやジャンクフード、ファミリーレストランも増えてきました。
またストレスが多い社会で長時間働くことやパソコン社会で同じ姿勢を強いられることも多くなりました。

こういった中で、みなさん日常的に何かしらの不調を抱えていることが多いのではないでしょうか。
「低血糖症」や「副腎疲労」などはまさにその代表的なものと言えるでしょう。
私達はこういった方達を助けたいという強い想いがあります。そういった想いからも通常のカイロプラクティックで考えられる問題(腰痛や肩こり、骨盤矯正など)以外に、胃腸の問題、低血糖症、副腎疲労症候群、食物アレルギー、自律神経の問題などで悩む方がたくさん来院されています。
また病院や栄養療法のクリニック、その他の代替医療に行っても良くならない方も多く来院されています。

カイロプラティカにいらっしゃる方は、大抵長いお付き合いをさせて頂いています。
初めは症状を治すためにしっかりとした治療計画をたてますが、症状が良くなっても月に一回、健康管理のために来院される方や、体調をみながらご自身のペースで通われる方、辛くなった時に駆け込む方と、いつでも皆さんの生活の側でサポートさせて頂いています。
私達は、カイロプラティカに来て頂いた方を大切にし、心から健康になってもらいたいという想いでおりますので、末長くサポートさせて頂けたら幸いです。 

 

CHIROPRATICA  カイロプラクティック

ギリシャ語で「手技」の意味を持つカイロプラクティックは背骨を中心に治療を行うことで神経の働きを高めて健康を回復させる治療法です。病気を扱う西洋医学とは違って、薬や外科を全く使わない身体に優しいヘルスケアと言えるでしょう。
当院で行われるカイロプラクティックの上級テクニック「アプライドキネシオロジー(AK)」は、筋肉骨格以外にも内臓や栄養、精神面など様々な角度からアプローチできるので、通常の治療はもちろん、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランス、毒物による障害などに苦しむ方々や、世界中のトップアスリートのケアにも取り入れられています。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、原因に沿った栄養指導を行っております。

 

CHIROPRATICA  スタッフ

 

  • 2006年 RMIT大学カイロプラクティック学科(日本校)卒業 
         (WHO基準国際資格 B.App.Sc. B.C.Sc.)
  • 2009年 アプライドキネシオロジー100時間コース終了
         (ICAK認定 アプライドキネシオロジスト)
  • 2010年 日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ取得
  • 2010年 NPO日本サプリメント協会認定 サプリメント指導士取得
  • 2012年 治療院勤務10年を経て、東京麻布十番にて「カイロプラティカ」開院

     

    自分が腰を痛めた経験から、カイロプラクティックを志すようになる。現在は日常の生活から健康を考えることをテーマとし、食や栄養指導にも力を入れ、臨床業務にあたっている。患者さんのカラダを診る事が好きで、症状の改善した時の患者さんの笑顔とたくさんの出会いがあるこの仕事に惚れこんでいるという先生は、丁寧で的確な治療に定評がある。
    日本では、カイロプラクティックと栄養療法を出来る数少ない先生で、以前より行っているBLOGやHPでの情報発信は読者から多大な信頼を得ており、問い合わせは日本全国のみならず海外からもある。

 

 

 

 

  • 1998年 第一薬科大学卒業 (薬剤師免許)
  • 2010年 日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ取得
  • 2012年 米国臨床栄養士による栄養療法塾に参加

     

    薬剤師の免許を取得してから、医療に携わってもう10年以上。一時期は薬局長を務めたこともある。カイロプラティカでは主に受付と栄養についてのカウンセリングを担当する。
    薬剤師という立場から栄養療法について学んでおり、薬とサプリメントの相互作用などの知識も深い。