ブログ

生理前症候群の栄養と対策

ルナサポート.1

 

少し前にもルナサポートに必要な栄養についてブログでお話しましたが、今回はさらに栄養や対策方法について詳しくお話したと思います。

生理前症候群(PMS)は女性ならではの悩みですよね。イライラしたり気分が落ち込こんだり、頭痛がしたり・・・。あまりにもつらいとお薬を使う方もいると思いますが、お薬を飲む前にまずは必要な栄養素をバランスよく摂取して改善していきましょう。

 

 

ルナサポートに必要な栄養素

・ビタミンB6
ビタミンB6はマグネシムとともに人間の体内で作用する酵素反応の多くに関わり、エネルギー産生のプロセスで不可欠な補酵素として働く大切なビタミンです。

PMSの諸症状を軽減・緩和させ、PMS症状を持つ女性に不足しているとされるセロトニン、腎臓における塩分排泄作用のあるドーパミン、さらにはプロゲステロンの産生を促す働きがあります。またエストロゲンの有害な作用を抑える働きもあります。

 

・  マグネシウム
マグネシウムは人間の体内で作用する500以上の酵素反応に関わっており、ビタミンB6と同様にセロトニン、ドーパミン、GABA、プロゲステロンの生成に関わります。

マグネシウム不足による筋肉の痙攣は有名ですが、女性の場合には月経困難の主たる原因となります。マグネシウムが不足すると、チョコレートなどの甘いものが欲しくなります。これは血糖値上下によるPMSの精神症状や体重増加などに関連します。

その他、月経中期に血中のマグネシムがエストロゲンの作用によって骨と筋肉に集中するため、脳内マグネシウムが低下し、偏頭痛や頭痛の原因になります。

 

・  カルシウム
カルシウムは、マグネシウムとセットで必要な大切なミネラルです。
PMS時の精神の安定に有効です。

 

・  ビタミンE
顔の紅潮、痙攣、生理痛を和らげる働きがあります。月経中、月経後はエストロゲンの分泌が盛んになりますが、エストロゲンはビタミンEを必要とするため、PMSの時期になくてはならないビタミンの1つです。

 

・  トリプトファン
女性ホルモンの周期の変化が、トリプトファンがセロトニンに変化する代謝の仕組みに影響を与えている可能性が示唆されていて、排卵日から3日間が最も影響を受けやすい時期と言われています。

トリプトファンはセロトニンの前駆物質で、PMSで悩む女性たちの情緒不安定、イライラ、神経過敏症状を改善してくれます。

 

・  γ—リノレン酸
月見草オイルに多く含まれる必須脂肪酸です。炎症や痛みを抑えてくれる効果があり、PMSや月経困難も必須脂肪酸から作られるプロスタグランジンのアンバランスが原因とされています。

生理前のイライラや頭痛などPMS諸症状を緩和し、ホルモンバランスの乱れを整えてくれる働きがあります。

 

いくつか必要な栄養素を挙げましたが、1〜5番目までの栄養素を含む食べ物には、アーモンドやひまわりの種、カボチャの種があります。食べ過ぎるのもよくないですが、間食や食事の時に取り入れるとよいかもしれませんね。

 

 

また月経の問題を解決するために病院へ行くと、合成のホルモン剤が処方されると思いますが、安易にお薬を使うのではなく、まずは自分で出来る事から実践しましょう。

 

①毎日の食事を見直す!

②生活リズムを見直す!

③環境ホルモンを避ける!

④ストレスをコントロール!

 

もし、これでもダメだったら・・・

 

⑤自分に合ったサプリメントを飲む!

⑥天然ホルモンを使用!

 

以上の順番で実践してみてくださいね。
普段甘いものや精製された炭水化物を摂り過ぎていませんか?夜にパソコンやスマートフォンをやり過ぎていませんか?甘いものや精製された炭水化物を摂りすぎてしまうと生理前の頭痛や気分の落ち込みが出やすくなってしまいます。また夜にパソコンやスマートフォンをしていると交感神経が優位になり自律神経のバランスが乱れてしまいます。今一度食生活や生活リズムを見直してみましょう。

また今の時代なかなか難しいですが環境ホルモンを避けることもポイントです。界面活性剤の入っている洗濯洗剤・食器洗剤を避ける事や、プラスチック製の食器や調理器具を避けること、カフェインも避けた方が良いと思います。またシャンプーやリンス等に入っているパラベンを避ける事も重要です。

 

それでも改善されなければ、自分に合ったサプリメントを取ったり、天然ホルモンを使用する事も対策のひとつです。
実はカイロプラクティックでも生理前症候群にとても効果があります。生殖器に関わる骨盤のバランスや頭蓋骨の問題、また内臓下垂などを治療する事によってPMSに効果があります。お悩みの方は是非ご相談下さいね。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

朋郎ライブ「とろんとろん」

先日、「朋郎」のライブを見に行きました。

和太鼓奏者の内藤哲郎さんと篠笛奏者の武田朋子さんのデュオによるライブです。ゲストにはベースの芹澤薫樹さん、アコーディオニストの田ノ岡三郎さんも一緒に演奏して最高のライブとなりました!

実を言うと、院長は内藤哲郎さんに定期的に和太鼓を習っているのです。ライブを見てさらに刺激を受けたことでしょう。。。

またライブがあったら見に行きたいです!

 

朋郎1

 

朋郎2

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

茨城の海へ

先日は茨城の海に入りました〜。
大分暖かくなってきたので、砂浜で遊んでいる子供達やお母さんの姿が多くなりました。
きっとお父さんのサーフィンが終わるのを待っているのでしょうね。。というか待ちくたびれているのでしょうか(笑)

私は海を目の前にすると、海に入りたくなって仕方がないのですが・・・

 

気温は暖かかったですが、茨城の海はやはりまだ冷たい!
最後は手足が冷えきってしまいました。でも寒さよりも楽しさの方があったので、全然大丈夫です!
みなさまは海に入る時は無理をしないで下さいね^^

 

茨城

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

日向ぼっこ

お天気が良かったので、お昼休みに治療院の近くにある公園でまったりしました〜
院長も公園で作業中です。ちょっと暑そうですが・・・

お天気が本当によくて、ベンチは満席状態!

子供が好きそうな遊具が沢山あり、私も子供に混ざって遊びたかった!というのが本音です(笑)
まったりしたい時はまた行ってきます!

 

公園2

 

公園1

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

6月の勉強会「ルナサポート〜月経に関わる問題」

先日、6月の勉強会を開催しました。
内容は「ルナサポート〜月経に関わる問題」でした。女性ホルモンのお話やPMSのお話など・・・

 

これは女性ならではの悩みですよね。
院長も、女性ホルモンはとても複雑で女性の心を理解すると同じくらい難しいと言っておりました(笑)下手したら、女性の方ですらホルモンバランスについて理解してない人が多いというのが現状だと思います。

 

生理中はお腹が痛くなるとか、生理前はいらいらするとか、、全てにおいて原因があります。自分の体質と思っている方もいると思いますが、これはきちんと対策があるのでお薬等に頼らないでほしい!

実はカイロプラクティックも解決の一つにあります。お悩みの方はご相談くださいね。

 

7月の勉強会は7月20日(日)14:00から開催致します。
テーマは「目の病気」についてです。

 

勉強会2014.6.15.1

 

勉強会2014.6.15.2

 

勉強会2014.6.15.3

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

生理前症候群のための栄養と食材

PMS5

 

今日は、生理前症候群(PMS)以外の月経に関わる問題についても触れていきたいと思います。
そして最後に、PMSも含め月経に関わる問題のサポートに重要な栄養素や食事についてもお話しますね^^。

 

 

月経困難 Dysmenorrhea

「働く女性の約3分の1が月経痛(生理痛)に悩んでいる」
厚生労働省の調査では、このような結果が出ています。50年前の27歳は結婚をして、子供が2人はいるのが平均でしたが、現代の同じ年齢の多くは独身でキャリアの真っ最中。ここ数十年で、10歳代で初潮を迎えてから出産までの時間が長くなったり、出産回数が減るなど月経の停止する期間が少なく、生涯の月経回数が増加している女性が増えています。こうした女性のライフサイクルの変化も、月経困難症を増やしている背景といえそうです。

 

【月経困難の原因】
1.女性ホルモンのアンバランス
2.血糖値調整ストレスによる下垂体への影響と肝臓うっ滞
3.甲状腺機能低下症
4.背骨や骨盤の機能障害と殿筋群の不均衡 (月経時の腰痛に関連)
5.子宮下垂 (痙攣性の生理痛、大量の出血に関連)
6.マグネシウム不足 (月経困難における痙攣に関連)
7.回盲弁症候群 (放散痛を伴う腹痛、重篤な症状が多い)
8.プロスタグランジン (生理痛、子宮の収縮時の痛みに関連)
9.低体温

 

 

月経不順/無月経 Amenorrhea

不規則な月経のほとんどがプロゲステロン不足の兆候で、これは毎月排卵しているとは限らないことを意味しています。子宮内膜を流し出すのは、排卵後の12日〜15日目にプロゲステロンのレベルが低下することが基本的な引き金になります。排卵がなければ、プロゲステロンを十分に作っていないことになり、月経の引き金であるプロゲステロンの低下も起こりません。
月経不順や無月経は、甲状腺機能障害、クッシング症候群、下垂体の機能不全、卵巣囊腫、貧血、低タンパク血症が原因で起こることもあります。 月経周期の改善に食事はとても大切な要素になります。食物繊維と野菜を増やし、乳製品やジャンクフードを減らします。またビタミンB6とマグネシウムを摂取し、プロゲステロンの生成を助けることが重要です。

 

またPMSも含めて、どちらの問題にも関わりますが、プロスタグランジンのバランスも重要です。
プロスタグランジン(PG)は、ホルモンのような物質です。PGのアンバランスは様々な病気の原因になるだけでなく、PMSの原因になります。質の良い必須脂肪酸を摂取することが何よりも重要で、水素で硬化処理した油(トランス脂肪酸)は避け、青魚を週に2〜3回は食べること、月見草などに含まれるγ-リノレン酸が炎症を抑え、PMS症状を緩和してくれます。

当院でも月経の問題に「月見草オイル」はよく使ってもらうサプリメントの1つですね。
他にも月経の問題に効果的な栄養素を、最後にお話しますね。

 

 

ルナサポートに役立つ栄養素

1.ビタミンB6
PMSの諸症状を軽減・緩和。
2.マグネシウム
足のむくみ、体重増加、胸の張り、
月経痛、頭痛に有効。
3.カルシウム
精神の安定に有効。
4.ビタミンE
顔の紅潮、痙攣、生理痛を和らげる働き。
5.トリプトファン
情緒不安定、イライラ、神経過敏症状の改善。
6.γ-リノレン酸
抗炎症性のプロスタグランジンを作ることで、
PMSや月経困難を改善。
7.亜鉛
エストロゲン過剰における精神症状を改善。

 

これらは、PMSや月経に関わる問題では大切な栄養素です。
この栄養素がどのように女性ホルモンや月経の問題に関わっているかは、今週末の勉強会で詳しくお話します。
また今月中は、当院のサプリメントの棚ではPMSに効果のあるサプリメントを特集しています。そちらにも栄養素の説明の紙を置いておきますので、興味ある方は是非ご覧になってください^^。

 

要は、栄養がいかにPMSとホルモンバランスに影響を与えているかということです。
みなさんにも婦人科に行き、合成のホルモンを補充する前にまず考えてもらいたいのです。

極端に言えば・・・PMSになりたければ、高カロリー、高糖分、精製炭水化物、水素で硬化処理した食物性油脂でできた食品をたくさん食べれば良いのです。そして、なりたくなければ、こうした食品を避けなさいということなのです。
トランス脂肪酸(部分的に水素硬化処理された油脂)は、抗炎症性のプロスタグランジンをブロックし、糖がアドレナリン、コルチゾール、そしてインスリンの生成を刺激します。これらはすべてプロゲステロンを阻み、コルチゾールとプロラクチンのレベルを高め、エストロゲン過剰な女性ホルモンのアンバランスを作ります。

 

PMS知らずの食生活で基本となるのは・・・
食物繊維たっぷり。新鮮な有機野菜。
丸ごとの果物を適量。ナッツ、種子。
質の良いタンパク質(放牧飼育、有機飼料を使った、薬品、殺虫剤の残留物がない食肉を食べること)。
全粒穀類。

特に、糖分と精製炭水化物を控えただけでも、PMSの症状には大きな影響を与えることが出来ます!
また何か質問があれば、ご遠慮なくお問い合わせくださいね^^。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

生理前症候群PMSには150種類以上の関連症状!?

PMS4

 

生理前症候群の症状について

生理不順、うつ状態、短気、むくみ、体重増加など・・・月経の問題に悩む女性はとても多いです。
そして、生理前症候群(PMS)は、現代女性にとって非常にポピュラーな症状です。PMSの症状には大きく分けて頭痛・腰痛・腹痛・むくみ・乳房痛などといった身体症状とイライラ・憂鬱・だるい・キレるなどの精神症状の2つがあり、確認されているだけでも150種類以上の関連症状があると言われています。症状は月経前1週間に始まり、月経開始後2・3 日以内に症状が消失し始め、月経後の1週間は症状がないのが特長です。
PMSの原因としては、主要な女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンの不均衡によって起こることが分かってきました。

PMSの症状のメジャーなものを少し挙げてみましょう。

 

頭痛      :頭蓋骨の水分貯留、ヒスタミン不耐性、マグネシウム不足による
眼の痛み    :眼球の水分貯留
めまい     :内耳の水分貯留
乳房の張りや痛み:乳房組織の水分貯留、卵巣や子宮の関連症状
不安定な精神症状:エストロゲンとプロゲステロンのアンバランス、血糖値調整ストレス
筋肉や関節の痛み:筋肉や関節組織、椎間板などへの水分貯留、生殖器に関わる骨盤部の問題
手足のむくみ  :広範囲の水分貯留は指や足のむくみ、腹部膨満感、体重増加につながる

 

これらの症状については、それぞれに起こる原因があります。
今月の勉強会ではそのことについてゆっくりお話したいと思います。
また気になる方は、ご来院になった時にでも聞いてくださいね^^。

 

 

月経前症候群のタイプ

PMSにはいくつかタイプがありますが、最も大きな原因となっているものは、先程お話したエストロゲンとプロゲステロンのバランスが悪いケースです。このタイプでは、緊張状態やイライラ、鬱症状などを持ちやすく、また浮腫や頭痛なども起こります。特に頭痛は、エストロゲンの影響により、脳内のマグネシウム量が減ってしまうことや起こると言われています。このタイプは必要な栄養素を意識することで改善出来ます。特に重要なものにはビタミンB6やマグネシウムが挙げられるでしょう。
そして2つ目には、特にストレスがかかっているタイプです。ストレスがかかると、ホルモンバランスも崩れやすく、脳内のセロトニンが減少することで、PMS時の精神症状が悪化します。そして最近多いのは、血糖値のアンバランスによる問題です。主に低血糖症状が関わりますが、甘いものや精製された炭水化物の過剰摂取によって、血糖値の変動が大きい方は、生理前の頭痛や疲労、気分の落ち込み、神経過敏な状態を招いてしまうと言えます。
こういった場合は、砂糖、精白した穀物(白米、精白した麺類、白いパン)の摂り過ぎに注意しましょう。これらは血糖値を急激に上下させて自律神経の働きを乱します。

 

このタイプは、実は下記の4種類に分かれます。

1.高エストロゲン低プロゲステロンタイプ
2.高エストロゲン高プロゲステロンタイプ
3.低血糖タイプ
4.低エストロゲン高プロゲステロンタイプ

最近は特にエストロゲン過剰の1番の方がとても多いと思います。

 

一般的なイメージではエストロゲンが少なくなって問題を起こすことが多いと思っている方も多いかもしれません。病院でもよくエストロゲンの合成ホルモン剤による治療が行なわれているので、そう思うのも無理はありません。
しかし多くの方が気付いていませんが、現代女性ではエストロゲン過剰で問題を起こしていることが多いのです。これには、精神的・物理的ストレス、環境ホルモン、そしてエストロゲン補充療法、ピルの長期使用など、エストロゲン過剰になる背景があり、PMSもこういったエストロゲン過剰によって起こっている場合が多くみられます。

 

こういった方へは、特に環境ホルモンへの対処をしてもらうことがあります。
環境ホルモンって聞いたことはありますか?
私たちの周りには、石油化学製品が溢れています。プラスチック、マイクロチップ、医薬品、衣類、食品、石鹸、殺虫剤、香水・・・これらの生体異物は、身体に入るとホルモン様の作用を現します。こういった環境ホルモンが、人体のホルモンバランスに大きな影響を与えています。特に女性のエストロゲンと似た作用を示すものが多くあり、体内に入ると、ホルモン分泌を乱し、生殖細胞や生殖器に異常をもたらします。
このことは、女性の月経に関わる問題、不妊症はもちろん、男性の精子減少、男性の女性化などの深い原因となっているのです。

有名な話ですが、世界では環境ホルモンの影響から「ペニスが小さくなって、交尾出来なくなったワニ」や「メス同士で巣作りするカモメ」、「雌雄同体のコイ科の魚」が発見されています。

特に食器や調理器具のプラスチック製品、PETボトル、食器や洗濯洗剤の中の合成界面活性剤、シャンプー、洗顔料、リンスの中のパラベン、殺虫剤、合成芳香剤関連は、注意した方が良いでしょう。
気付くと本当に私たちの周りは、こういったものに溢れています。生活が便利になったのはもちろんですが、こういった環境ホルモンは少量でも人体に影響を及ぼすので、考えてみると怖い物です。
こういうものに囲まれている私たちは、いかにホルモンバランスが乱されているかよくわかるのではないでしょうか。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

ルナリズム 〜女性ホルモンの変化〜

PMS3

 

「働く女性の約3分の1が生理痛に悩んでいる」厚生労働省の調査では、このような結果が出ています。
また生理前症候群(PMS)は現代女性が何らかの形で経験しているというぐらいポピュラーな症状になってきました。こうしたことの背景には、女性の仕事環境の変化や不規則な生活習慣が大きく関わっています。また若い女性のPMS実態に関する研究では、栄養素摂取の状態が重要な因子になっていることがわかってきました。まさしく食生活が関わっているということなのです。

今月は、そんなPMSに対するサポートについて詳しくお話していきます。
まずは月経リズムについてのお話から^^。

 

 

月経とは?

月経「メンストラル」という言葉は、もともとはギリシャ語の月を意味する言葉から生まれたそうです。
月が満ちてから欠けるまでの期間という意味があるのですが、これはまさに女性の約一ヶ月の流れを表すのに最適な言葉かもしれません。

 

月経とは、みなさんもご存知の通り、女性の膣から出血が起こることを言います。またそういったことが起こるのは、思春期から閉経までの間に女性は妊娠をするために卵子や赤ちゃんのための膜などを準備するからです。そして受精が行われなかった場合、準備した膜は排泄されまた新たに作るということをしています。この排泄時に起こる出血が月経と呼ばれるわけですが、約1ヶ月ごとでこの流れは起こっています。

 

 

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンとよばれるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類ですが、この2種類のホルモンとも勝手に出ているのではなく、脳の指令によって出ています。

 

正常な月経の流れでは、25日〜28日毎に脳から「妊娠する準備をする」指令が送られます。そうすると、卵巣内の卵胞と呼ばれる袋の中で、数個〜数百個の卵子が成熟していきます。卵胞は、卵巣にある卵子を作る専用細胞です。
生理周期は、約1週間ごとでホルモンの流れが変わっていくので、順に説明していくと、月経の第一週(月経の出血のあった直後)に卵胞が卵子の成熟を促す間に、卵胞ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」が非常に多く分泌されます。このエストロゲンは、子宮内の組織形成と血液供給を促してくれます。またその後の排卵までの1週間は、このホルモンがかなりたくさん出る時期です。

 

卵子が成熟し始めると、卵巣の外側の表面に送られ、10〜12日後に卵胞は割れ、卵子を子宮に送るために卵管に放出することになります。これこそが排卵です。その後(排卵後1週間)はエストロゲンが減る時期です。排卵後の1週間は、黄体ホルモンと呼ばれる「プロゲステロン」が増えてきます。黄体とは何かというと、先程の卵胞から卵子が飛び出すことを排卵と言いましたが、排卵が行われて抜け殻になった卵胞はもういらないといったわけではなく、卵胞の抜け殻は黄体という黄色い粒に変わり、それはそれで大切な働きをしているわけです。黄体と呼ぶのは、卵巣の表面に小さな黄色い物質としてくっ付いているからなのです。この黄体から出るのが、プロゲステロン。月経周期後半の2週間の間このプロゲステロンがもっとも優勢になり、ピーク時には1日20mg作られると言われています。

この頃、エストロゲンも若干出ては来ているので、プロゲステロンはエストロゲンと一緒に働き、子宮内の組織と血液を調整させていくのです。排卵後10〜12日の間に妊娠しなければ、この2つのホルモンのレベルは急速に減少します。
減少するとこれが月経出血を引き起こし、生理となるわけです。

 

いかがでしょうか。
このように女性の1月の変化は1週間毎で変化をし、それが4回で月経周期になっているのです。
女性の身体の中の子供を生むための準備なのですが、とても良く出来ていると思いませんか?

エストロゲンは、子宮内膜をふかふかにして「赤ちゃんのためのベット作り」という役割があり、プロゲステロンは、子宮内膜に栄養を送って「赤ちゃんのための栄養作り」という役割があります。女性はこの流れを毎月毎月、身体の中で行っているのです。
すごいですね。

次回は、生理前症候群のタイプについてお話していきます。
お楽しみに〜。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法