ブログ

ナス科の食物が関節炎を起こす!?

ナス科

 

今回は、食べ物アレルギーが関節炎を悪化させてしまうというお話です。

 

栄養療法のDr Wrightは、リウマチ性関節炎は食品過敏性が原因で発症するものではないが、ほとんどの患者さんが食品過敏性によって症状を悪化させていると言っています。

 

薬品を使わない自然な治療を志向する医療家の必読書である「An Alternative Approach to Allergies」の中で、シーアラン・ランドルフ医学博士は、過敏症を起こす食品や化学物質を排除することにより、リウマチ性関節炎の症状が著しく改善されたケースを詳細にレポートにしています。

またその他の研究でも、リウマチ性関節炎の患者さんのアレルゲンを突き止め、それを排除することで治療の効果が上がったと報告しているものもあります。

 

Dr Wrightは、アレルゲンや合成添加物を排除することで、ほとんどすべてのリウマチ性関節炎患者の症状が改善されると述べており、それでもし症状が改善されたとしても、また排除していたアレルゲンをとると必ずといっていいほど関節炎がぶり返す傾向があると言います。

関節炎がアレルゲンの食品を排除するだけでなくなるというのは驚きですね。

 

 

また、骨関節炎にはさまざまな原因がありますが、最近になってナス科の植物への過敏性が注目されてきました。ナス科の植物に含まれる天然の化学物質への過敏性が骨関節炎を進行させる因子の一つになるのではと推定されています。

もちろん、これはアレルギーを持っている人だけの話ですが、ナス科というと、ナス、じゃがいも、トマト、ピーマンなどがあり、タバコもナス科の仲間なので、毎日触れている食材でもあります。

 

これが、わかったのは園芸学教授のノーマン・チルダース博士が自分の関節炎の原因がトマトにあったと報告してからだそうです。

ナス科には、「ベラドンナ」などの有害植物もあるそうですが、チルダース博士は、じゃがいも、トマト、とうがらし、ナスなどのお馴染みのナス科の植物にも同じ成分がごく薄い濃度で含まれていることを知っていました。

そして彼は、この成分に過敏な体質の人がいるとすれば、極めて薄い濃度であっても健康になんらかの悪影響が現れるのではないかと考えたのです。

自分自身の関節炎を克服した体験と多くの症例をもとに、チルダース博士は「ナス科植物除去食」を考案し、著書の「A Diet to Stop Arthritis」で詳しく解説しています。
その中では、ナス科の植物を除去する食事には幅広い疾患に対する改善効果が認められたと述べていますが、なかでも最も効果が現れやすかったのは骨関節炎だったというのです。
またその食事で症状が改善された患者さんに、再びナス科の植物を食べさせてみると、ほとんど全員の症状が即座にぶり返したそうです。

 

 

現在の説では、ナス科植物への過敏症は「コリンエステラーゼ」という酵素の働きが阻害されるのが原因ではないかと言われていますが、まだ詳しいことはわかっていません。
(Dr.wright’s guide to healing with Nutrition 引用)

 

アレルギーで関節炎が悪化するのは大いにあり得ることです。

そして、自分ではまったくアレルギーと気付いていない人もいますが、食品アレルギーの人は実は本当に多いのです。
食品アレルギーには大きなアレルギー反応を伴わないことも多く、中にはそれと気付かずに、様々な健康問題を抱えている人もいるのですね。

 

アレルギーの書物で著名なブラナマン医学博士は「食品アレルギーは、身体のあらゆる部分で、あらゆることを起こしうる」と述べており、食品アレルギーが広い範囲で健康状態に悪影響を及ぼすことは明らかです。

食品アレルギーに関しては、かなりの人が関わっている問題でもあります。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

クリスマスカード

患者さまよりクリスマスカードを頂きました^^
感謝のお言葉を頂けると、本当にやっていて良かったなと思います。

「カイロプラティカ」は他のカイロプラクティックの治療院とは少し違ったことも取り入れていていることもあり、いろいろお悩みの方がいらっしゃいます。そのような方が笑顔で元気になれることは本当に嬉しい限りなんです。

来年もみなさんの笑顔を沢山見れるよう頑張って参りますので、よろしくお願い致します。

 

クリスマスカード

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

Christmas Eve Birthday

みなさまクリスマスはいかがお過ごしですか??

12月24日のクリスマスイブは院長の誕生日なのです。
めでたい日に産まれたんですね^^

 

というわけで、先日ブログでもご紹介したアレルゲンフリーのお店
「Coconut Dream」さんにお願いしてケーキを頼みました!
普段は甘いものを食べない院長ですが、とても幸せそうに食べていましたよ。
プレゼントもどしどしお待ちしております(笑)

 

Xmas-cake

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

12月の勉強会「食物アレルギー/過敏症 〜食べ物で体調不良を起こしていませんか?」

先日、今年最後の勉強会を開催いたしました。

 

内容は「食物アレルギー/過敏症〜食べ物で体調不良起こしていませんか?」です。
遺伝子組み換え食品のお話やグルテン過敏症などゾッとするようなお話ばかりでした。

今回の内容は盛りだくさんだったこともあり、院長は前日まで資料作りに励んでおりました。
お疲れさまでございます^^

 

今年一年、皆様に支えられて無事に勉強会を終えることができ、感謝しております。
来年の勉強会は2月からスタート致します!
内容は「プレマタニティー栄養学 元気な赤ちゃんを産むために/不妊症」です。
参加者が制限されてしまいそうな内容ですが、どなたでもご参加頂けますので、ご希望の方はお早めにご連絡下さいませ。

そして今回勉強会にご参加下さったみなさまありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

勉強会2014.12.21.1

 

勉強会2014.12.21.2

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

リーキーガット症候群(LGS)がアレルギーの原因に!?

allergy5

 

遅延型食物アレルギーの背景には、胃酸や消化酵素が少なく、食物が十分に分解されないことはもちろん、実は何よりその先の小腸の腸内環境が悪いことが多いのです。そう考えていくと、遅延型食物アレルギーを改善するには、腸内環境の回復は切っても切れない最重要事項でしょう。

 

 

リーキーガット症候群(腸管壁侵漏症候群)

幾重にも曲がりくねった小腸には、ヒダヒダの突起(絨毛)がタワーのようにいくつもそそり立っています。これを拡大するとタオルの表面のようになっており、さらにこの上には薄い膜もあります。その絨毛のレイヤーである膜が非常に重要で、この膜の隙間から栄養素が吸収されていきます。この膜は、通常3〜5日で再生されていて、この膜があるがゆえに、細菌やウィルスの侵入を防いでくれるのです。逆にこの隙間から入れないくらいの大きな分子(消化分解できていないもの)は、大腸に流れて肛門から出てしまいます。

LGSによって開いた穴から、大きい食物分子が吸収された場合、異物反応としての抗体が産生され食物アレルギー、および、関節炎、または、線維性筋肉痛のよう新たな症状が発症します。その他、重金属の問題、副腎疲労などさまざまな病気に関わっています。

 

 

LGSの原因

LGS(リーキガット症候群)が起こる原因についてもあげておきましょう。

1.抗生物質 (胃腸器官系の細菌、寄生虫、カンジダ、真菌類の異常繁殖を促すため)
2.アルコール類、カフェインなどの刺激物
3.食物と飲料
細菌によって腐敗、汚染された食物や地下水
着色剤、防腐剤、酸化防止剤など、食品添加物として使用されている
化学合成物の混入した食物や飲料水
4.酵素欠乏
5.非ステロイド系抗炎症薬(イブプロフェン、インドメタシン等)
6.プレドニゾンのような処方コルチコステロイド
7.精製炭水化物食品(クッキー、ケーキ、清涼飲料、漂白パン )
8.避妊用ホルモン(ピル)
9.精製炭水化物食品に混入しているカビ、菌

この他、アレルギー物質や食物の大きな分子が触れる機会が多いこと、乳製品のカゼイン、小麦のグルテンなどが原因になっていることもあります。
もちろんストレスも関連してきますね。

 

 

LGSを改善しよう!

食物アレルギーを改善するには・・・

1.原因食材を避ける(ローテーション)・・・腸の炎症を長期に引き起こさないためには必須。
2.消化機能を良くする(胃酸、消化酵素)・・・胃酸の分泌の改善、消化酵素の補助など最重要。
3.小腸の粘膜を回復する(アミノ酸など)・・・腸の粘膜を回復し、アレルギー物質の侵入を防ぐ。

の3つのポイントがありますが、中でも3番の小腸の粘膜を回復するということ、LGSを改善させることはとても大切です。

 

LGSの改善には下記のポイントが大切になります。

1.胃酸や消化酵素の分泌を補う。
2.精製された白米、小麦、砂糖を避ける。
3.乳製品を避ける。
4.イースト菌を使用した食材はなるべく避ける。
5.オメガ3の油を積極的に摂る。
6.水銀や鉛などの重金属を除去する (キレーション)。

また特に「腸内環境を整える!(乳酸菌を摂る)」「腸の粘膜を修復する!(アミノ酸補給)」は大事になってくるでしょう。
腸の粘膜の栄養素としては、L-グルタミンがとても重要です。また硫黄を含むアミノ酸であるメチオニンやシステインも腸の粘膜の修復に必要になります。

来月はHPの方でも、メールマガジンでも、アミノ酸についての特集をしていくので、楽しみにしていてくださいね^^。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

アメリカで社会問題になっているグルテン過敏症

allergy4

 

グルテンとは、小麦、ライ麦、大麦などに含まれるタンパク質の成分です。
みなさん、今特に欧米などでグルテンフリーが大ブームなのはご存知ですか?
食生活からこのグルテンを抜くだけでも、自然と体重が落ち、身体も生き生きするとアメリカだけではなく、ヨーロッパ、オーストラリアなどでは空前のグルテンフリーブームが起こっているのです。もともと、海外セレブや有名スポーツ選手がグルテンフリーダイエットを実践していたことをきっかけに一般市民の間に広まり、今では通常のダイエットの意味だけでなく、体調や肌、アンチエイジングにも効果があると言われ、人々の日常生活に深く浸透しています。

 

もちろん、セレブなどが実践していたこともありますが、このブームの背景には1980年代以降、グルテンによって体調不良が起こるセリアック病の患者数が倍増していることがあります。
実は日本も例外ではなく、食事の欧米化に伴い、グルテン過敏症やセリアック病になる人が増加の傾向にあるのです。
セリアック病は、グルテン反応異常と栄養吸収不良を起こす病気で、重症化すると小腸の絨毛が変性してしまい、消化機能が衰えるか失われる場合もあると言われているものです。

 

アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでは普通のスーパーに行けば、グルテンフリー食材を集めたコーナーが大きなスペースを占めていて、グルテンフリーのパスタやシリアル、パンやクラッカー、お菓子作りの粉など、必要なものはなんでも揃います。私も5、6年はグルテンフリーの生活をしていますが、こういう風にグルテンフリー食材を楽しむ環境が整っているのは羨ましい限りですね^^。

 

 

小麦グルテン過敏症

小麦に含まれているタンパク質「グルテン」。グルテン過敏症(グルテン不耐症)とは、このグルテンの中に含まれるグリアジンという主要成分に過敏に反応して身体に症状が現れるものですが、最近の日本人にはとくに増えてきている疾患でもあります。
その原因は、日本で20年くらい前からラーメン屋やパスタのお店が増えたり、小麦を使ったお菓子が増えたことで小麦の摂取が増えたことや、食生活の変化によって身体の栄養状態が悪くなり、アレルギーなどが増えてきたことにあると思います。
昔の日本人にとって小麦はそんなに多く摂るものではなかったので、グルテンへの感受性はさほど高くなかったといいます。ところが、最近ではグルテンによる問題がとても増えているのです。

 

さて、ではこのグルテン過敏症の人は身体にどんな症状が出るのでしょう?

 

膨満感
逆流性食道炎
腹痛
腹部痙攣
下痢
便秘
貧血
関節炎
低血糖
口内炎
じんましん
抜け毛
不妊症
吐き気
手足のしびれ・うずき
乳糖不耐症
歯槽膿漏
悪臭便
悪臭ガス
疲労
お腹のゴロゴロ
ADHD
自閉症
骨粗鬆症
ビタミン・ミネラル欠乏
原因不明の体重減少
シェーグレン症候群
帯状疱疹
糖尿病
・・・

と、まあたくさんの症状があります。
これらほとんどが、身体がグリアジンというタンパク質に過敏に反応して、腸にガスが溜まること(4割)、腸での炎症(6割)が原因になっているといわれます。
ちなみに最初の方にあげられていた「逆流性食道炎」に関して言うと、グルテン過敏・不耐症の人の9割が逆流性食道炎を合併するとも言われています。
また私は、逆に逆流性食道炎の人の原因がグルテンである場合も多いと思っています。その場合、お医者さんで出されるようなプロトンポンプ阻害薬やガスター10等の胃酸を止めてしまう薬を飲むことは、本当の原因を治療していることにはなりません。しかもグルテンの消化分解がうまくいかなくなることでさらに症状が悪化する可能性すらあると思います。
昔はあまり聞かれなかった逆流性食道炎が、現代人に多くなっているのは、こういったことを考えていくとなんら不思議なことではありません。
グルテン過敏症によって逆流性食道炎が起こる原因は、ガスや膨満感によるものと考えられていますが、私が臨床に出ていて感じているのは、グルテン以外にも炭水化物、乳製品などの不耐症がある人が消化不良が起きることで食道と胃の口を占める括約筋の働きが落ちてしまうことや、食道裂孔ヘルニア(胃の上部が食道部に少し飛び出る)が起きやすい状況に陥っていることが多いとうことです。

大抵こういった場合、その過敏な食べ物を控えてもらうと症状が驚くほど改善します。
小麦のグルテンが問題になっているケースも本当に多いと思います^^。

 

さて、この問題となる小麦に含まれている「グリアジン」、似ている成分が大麦、ライ麦、オート麦に含まれています。もしグリアジンに問題を起こしているとわかったら、これらの麦にも注意していきましょう。もちろん小麦のグリアジンのみに反応している場合もあります。

グルテン過敏症は、グルテンアレルギーとは違うのですが、簡単に分類を書いておきましょう。

 

①セリアック病

小麦類に含まれるグルテンの分解ができず、身体がそれを異物と認識し、腸管免疫システムが過剰に働くことで、腸の絨毛を攻撃、慢性的な炎症が起こります。この炎症によって腸がしっかり機能しなくなり、栄養吸収障害をはじめとする様々な問題が出てくるもの。
お医者さんでは、グルテンアレルギーというとこのセリアック病を考える人もいます。

②非セリアックグルテン感受性(NCGS:Non-Celiac Gulten Sensitivity)

基本的にセリアック病の発症メカニズムに酷似していますが、セリアック病のように死に至るなどの重大な問題に問題に至ることは少ないタイプ。潜在的に症状を持つ人が多くいます。

③小麦アレルギー

小麦(グルテンを含む)に対して作られた免疫グロブリン(IgE)に、白血球中の好塩基球、肥満細胞が反応して放出するヒスタミンによる症状。痛み、じんましん、鼻づまり、くしゃみ、涙などの様々な症状を呈します。

 

 

グルテンの問題は身体にいろいろな影響を及ぼす

さて、グルテンによる問題にはいくつかの分類があることをお話してきましたが、症状の出方については、グルテンアレルギーは、基本的に口の中に入れた瞬間が起こりますが、グルテン不耐症の場合は、もう少し後で起こると言われています。
胃の中で反応を起こす人が4割、腸まで到達したときに反応する人が5割います。IgGなどの遅延型の場合は、腸に到達した後に出てくるので、72時間後に問題が起こることもあります。
セリアック病でもセリアックでない過敏症でも、グルテンによって腸が炎症を起こすのですが、炎症時は小腸の内側の壁が腫れてきます。これこそが腹部膨満感の原因になっていると言えますね。またセリアックやサイレントセリアックグループでは小腸の絨毛が損傷してしまいます。十二指腸から小腸の辺りは、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、ビタミンB群、ビタミンCなどの大事な栄養を吸収する場所でもあるので、もしグルテンによって腸が炎症を起こしていたらこれらの吸収障害が起こることも想像できますよね。
これは大変なことです。
なので、健康のためといってサプリメントをいくら摂っていても、その背景に小腸における吸収障害が起こっていたら元も子もないというわけです。

ちなみに腸の絨毛が委縮して、吸収障害が起きると糖の吸収もできなくなります。そうなると糖が小腸を素通りして、空腸、回腸を通り大腸まで行ってしまいます。大抵この場合、小腸での通過時間が早くなり糖や炭水化物がそのまま大腸に向かいます。大腸ではバクテリアによって糖が分解されるため、異常発酵がおきてガスが発生するというわけ。
これもグルテン過敏症にみられる腹上部の膨満感につながります。
グルテン過敏症では、これらの過程から小腸での細菌類(乳酸菌を含むカンジダなどの真菌全て)が過剰増殖することが言われているのですね^^。

またみなさんも気づいたかもしれませんが、糖が吸収しずらくなるということは、低血糖症にもなりやすいということです。
それもそう、低血糖症の人の3割がグルテン不耐症を持っていると言われる所以です。

 

こんなにも様々な症状につながりやすいグルテン過敏症。
怖いですよね。
症状が当てはまるようであれば、みなさんも是非一度グルテンフリー試してみてはいかがでしょうか。
驚くほどの効果を実感するかもしれませんよ^^。

またグルテン過敏症やアレルギーの検査について、興味がある方は当院にお聞きくださいね。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

自分で気付いていない食物アレルギー

allergy3

 

近年になってアレルギーの発症率は非常に増加しています。みなさんの周りでもアレルギーの人や子供が増えたと思いませんか?
その原因には、偏った食事、ストレス、トラウマ、感染、科学物質、環境有害物質、遺伝性要因などが関わっていますが、なかでも50年前に比べ、明らかに食べ物に対する過敏症(一般的には食物アレルギーと呼ばれている)は、増加の傾向をたどっています。

 

みなさんが、食物アレルギーというと思い浮かべるのは、食べた後、突然起きるような呼吸困難や蕁麻疹、胃腸障害のようなものだと思いますが、実はその症状は多岐に渡ります。
それには、肉体的な症状、精神的な症状を含め、様々な症状がありますが、反応が早い即時型というタイプや、反応が遅い遅延型と呼ばれるもの、そして症状が慢性化するもの、一過性で終わるものなどと様々なものがあります。
そのため、中には自分の症状が食物アレルギーできているということに全く気付いていない人がいるのですね。
簡単に言うと、一般に言われるような、涙目や目のかゆみ、鼻水や鼻のかゆみ、くしゃみ、蕁麻疹、湿疹、腫れ、胃腸障害(下痢、嘔吐)など、すぐに自覚症状として現れるものだけでなく、自覚症状として現れなくとも体内の細胞臓器に影響を与え、慢性化していくものまであります。

 

すぐに反応が現れるものを、一般的にIgE免疫介在型アレルギーと言います。この反応は通常激しく突然に起きるため、原因となる食べ物とその症状の関係はすぐにわかることが多いです。
しかし、このIgE以外のタイプのアレルギー、特にIgG免疫機能によるものは、反応が遅く、発症するのに数時間から数日間もかかり、長時間続いて遅発性の症状が出るので、なかなか原因がわからないケースがあります。アレルギーの性質上、本人がその存在にまったく気づかないこともあり、知らないうちに自分の健康が蝕まれていることがあるので、長期にわたると実は怖いものです。
このIgGタイプの症状は、軽度で慢性的なものが多く、全身疲労、イライラ、頭痛、異常な食欲、食物中毒症状、注意散漫・・・などなどと、これが食物アレルギーから来る症状とは思えないのも、原因に気付けない理由の一つでしょう。

 

 

食物アレルギーは、からだのあらゆる部分で、あらゆることを起こしうる

食物アレルギーが広い範囲で健康状態に悪影響を及ぼすことは、アメリカのアレルギー委員会元委員長のブラナマン医師をはじめ多くの研究者が指摘しており、私も自分の経験でそのことには確信があります。

ブラナマン医師はこう言います。

「食物アレルギーは、からだのあらゆる部分で、あらゆることを起こしうる」

 

ここで、食物アレルギーが起こしうる疾患、症状をリストアップしてみましょう。

 

喘息
鼻炎
膀胱炎
滑液包炎
セリアック病
うつ病
十二指腸潰瘍
浮腫
疲労
胃炎
発疹
低血糖
めまい
学習障害
軽い脳の機能障害
気分が安定しない
頻繁に感染症にかかる
ふきでもの
夜尿症
気管支炎
口や唇の潰瘍
慢性の腰痛
下痢
湿疹
腹部にガスがたまる
頭痛(片頭痛など)
自閉症
総合失調症
慢性疲労症候群
てんかん
ハイパーアクティビティ
過敏性大腸炎
メニエール
中耳炎
口内炎
線維性筋痛症
関節リウマチ
関節の痛み、腫れ
栄養素の吸収不全
腎炎
尿にタンパク質が出る
発作
潰瘍性大腸炎
肌のかゆみ
アトピー性皮膚炎
蕁麻疹

 

ざーっとこのくらいあります。
膨大な量だと思いますが、これらの病気にアレルギーが関わっているケースは非常に多いといえます。もちろん全ての原因が必ずしもアレルギーだけとは言いませんが・・・。
こうなってくると食品アレルギーや過敏性の存在を知らないだけで、一般的な医療現場では無数の誤診が生まれているかもしれませんよね。深刻な症状を抱えている人でも、病院の検査で異常がなく、原因がわからない人の場合、食品アレルギーがかかわっているケースはものすごい数になるのではないでしょうか。

私の臨床でも、カイロプラクティックの検査で、食物アレルギーや過敏症の疑いがある患者さんが多々います。症状のひどい人にはアレルギーの検査を受けてもらったりもしますが、食物アレルギーを解決できると持っていた症状に大きく改善がみられたり、すっかり消失することもあります。
そして解決できた患者さんからは、決まって「こんなに身体が元気なことはいままで初めてです!」とおっしゃって頂けるのです^^。

 

こういった多くの疾患とアレルギーの関連性が見過ごされている原因としては、アレルギーの定義があいまいなことと、食物過敏症に対する私たちの圧倒的な認識不足があります。
私たちの周りには、目のかゆみ、鼻水、過敏性大腸炎、片頭痛、蕁麻疹、湿疹、慢性疲労といった何らかのアレルギー症状に悩まされている人が必ずと言ってよいほど存在しています。
控え目に見ても人口の25%以上の人は何らかの食物、科学物質に対してアレルギーを持っています。なおかつその数は近年どんどん増えているくらいです。
さきほど言ったような非IgEタイプを入れていくと実際のアレルギー発症率は極めて高いと思います。

 

こういったアレルギーからくる症状を、知識として少しでも頭にいれておくことで、自分の健康はもとより、家族、親しい人の症状がそういったものからきていないか、そして病院でアレルギーを見過ごされたり、誤った診断をされることがないかどうか、きちんと見極めていけるように私達自身がなっていくこと、それが重要ですね。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

虹が見えました!

先日は雨の中の波乗り(一時的に土砂降り!)。
波も大きくて、ちょっとした修行のようでした(笑)

そして帰り道に嬉しいことが。。。
一瞬晴れ間が見えた時に、虹が半円くっきりと見えました。
日本でこんなにくっきりと見えたのは始めてです。

何か良いことがありますように!

 

虹1

 

虹2

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

Xmas tree

カイロプラティカに本物のモミの木がやって参りました。

クリスマスツリーの完成です!
わかりにくいと思いますが、星の形の飾りは私が作りました〜。

そしてミュージックもクリスマスソング♪♪
今日から12月に入りましたので、クリスマス気分でお出迎えして参ります。

 

tree

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法