ブログ

様々な効能を持つネバネバ成分

ムチン

 

今日は、関節に必要なネバネバ成分「ムチン」についてお話しようと思います。

 

ムチンは、たんぱく質と多糖類のガラクタンやマンナンなどが結合した粘性物質で、ネバネバ・ぬるぬるとした成分です。動物の分泌する粘液にはほぼ全てムチンが含まれており、口の中や胃、腸などの消化器官のほか、鼻や目の表面にも含まれていると言われています。

さてこのムチンですが、私達の身体にとても良い影響を与えてくれるのです。
例えば目の表面を覆う涙にはムチンが含まれており、蒸発を防ぎドライアイの予防をしてくれます。
また胃では強い酸性を持つ胃酸から自らを守り、胃炎や胃潰瘍の予防をしてくれます。ストレスや暴飲暴食、喫煙などにより胃の粘膜がうまく分泌されないと胃炎や胃潰瘍になりやすくなってしまうのです。

 

その他肝臓や腎機能を高め、免疫力を高めてくれたり、疲労回復にも効果があります。ムチンにはたんぱく質を分解する酵素が含まれていて、食べ物から摂取したたんぱく質を吸収されやすくする働きがあります。これによりたんぱく質をエネルギー源として効率よく利用することができるため、疲労回復効果があると言われています。

 

 

とても重要なんですね。

実はこのムチン、軟骨を作るのにもとても重要なのです。軟骨と言うと、ヒアルロン酸やグルコサミンを思い出すかもしれませんが、ムチンもとても重要な栄養成分です。
ヒアルロン酸やグルコサミンにムチンを併用するとさらに効果が高くなるデータも出ています。

ではムチンはどのような食べ物に含まれていると思いますか?

ネバネバ・ぬるぬるの食べ物を考えてみてみるとおわかりかと思いますが、納豆、山芋、オクラ、なめこ、モロヘイヤ、レンコンなどに含まれています。粘りの強い食品ほど含有量は多く、納豆は特にムチンが多く含まれています。

またムチンはたんぱく質分解酵素を持つので、魚や肉などのたんぱく質を多く含む食品と一緒に摂取すると効率よくたんぱく質が吸収されます。ただムチンの持つたんぱく分解酵素は加熱しすぎると効果が薄れてしまうため、加熱する場合は短時間にしてくださいね。

私も大好きなネバネバ成分、是非毎日の食卓に取り入れてみてください。

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

keep smile

カイロプラティカに新しい仲間がやって参りました。

入り口のところに飾ってある「smile」です^^

以前は四角いバージョンのを作っていただき、いろいろな方からとても好評があり、今回は2回目です!
本当に可愛いです〜

hi-duchiこと、ヒダさんありがとうございました。

 

ご興味のある方はこちらへ↓↓
http://www.hi-dutch.com

 

hi-duchi1

 

hi-duchi2

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

ビタミンベイビー

先日、カイロプラティカで不妊治療をしていた患者さんが
無事に出産を終えて、ご家族でいらして頂きました!

栄養療法を同時に行っていたこともあり、お子さんは夜泣きもなくとても素直だそうです。
妊娠中のお母さんの栄養は、本当に大事ですね。
笑顔もとてもキュートで、良い子にしていました!

 

カイロプラクティックで不妊治療?!と思う方も居ると思いますが、海外では珍しくありません。
日本ではあまり馴染みがないと思いますが、カイロプラティカでは海外での手法を学び、取り入れております。

気になる方はご相談くださいね。

 

ビタミンベイビー

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

カイロプラクティックと栄養で相乗効果!

ロコモ5

 

関節痛に対してカイロプラクティックでは、直接関節の動きをつけたり、筋肉のバランスをや働きを良くしていくことで治療を行なっていきます。
もちろん治療だけでも改善効果は高いのですが、グルコサミンやコンドロイチン、そして非変性Ⅱ型コラーゲンなど関節軟骨の成分を摂ってもらうことで、一段と改善が早くなったり、再発しづらくなったりと臨床結果を出せています。

今日は、当院で実際いらした患者さんの治療経過についてみなさんにもシェアしたいと思います^^。

 

 

変形性膝関節症とカイロプラクティック

変形性膝関節症でお医者さんにいくと、大抵の治療は抗炎症剤か、湿布薬をもらったりしますね。また水腫がひどい場合は水を抜いたり、まれですが手術をするケースもあるようですね。
またよくモモの筋肉(大腿四頭筋)を鍛える運動を指導される場合もあるかもしれません。

さてではカイロプラクティックではどのように治療していくのでしょう。

 

今日ご紹介する方は50代の女性ですが、1ヵ月前くらいから、左の膝が痛み出し、病院に行っても良くならならず、いらっしゃった当日に、急にひどくなって歩けないくらいになってしまい、杖をつきながら来院されました。
左膝の内側と裏側に痛みがあり、膝は大きく腫れ、熱感もありました。
また炎症のため、あまり膝を動かせなかったのですが、筋力検査をしてみるとサイドの筋肉の筋力低下がみられ、側方への安定性が弱かったのです。その他、膝の裏やふくらはぎの筋肉も弱く、膝も少し反るようになっていました。

 

初回は、滑液包炎(膝の回りの滑液包の炎症)がみられたので、炎症を抑えるような
処置と、膝への負担を軽減するため、筋肉の機能を上げる治療およびテーピングを行いました。
その日はまだ痛かったようですが、3日後にはうそのように楽になったようです。
これは、膝への負担が大分減り、炎症が治まったからでしょう。

この方はその後、仕事(立ち仕事)を続けていたため、炎症を何回かぶり返したりしていました。内側部に痛みがあることと、関節の可動域に制限があることや年齢などから、膝関節に変性がある可能性が強かったので、関節腔(関節のすき間)を広げたり、関節の動きをつける治療をしっかり行いました。
またこの場合、カイロプラクティックでは、骨盤や股関節などの足に関わる関節に対しては問題があれば、整えるようにします。
その他、膝の側部の安定性は相変わらず悪かったので、筋肉の機能アップの治療は毎回行っていきました。

4~5回くらいの治療で、杖もつかずに歩けるようになり、大分痛みもなくなってきたので、私もホッとした覚えがあります。

 

中年以降の女性において、膝の痛みは本当によくみられる症状です。
この年代から、とくに外傷もなく痛み始めた膝痛は、老化によるものがほとんどです。いわゆる「変形性膝関節症」と呼ばれるものですね。
原因には体重増加やO脚、膝に負担のかかる仕事、筋肉の衰えなどがあります。膝の関節の隙間が狭くなり、軟骨がすり減ることで痛みが起こったり、炎症が起こったりします。
大抵は歩いているときに、障害側に膝が外側に移動するような姿勢(O脚のような)が見られ、内側に痛みが出る方が多いです。

カイロプラクティックの治療で、関節腔を広げたり、関節の可動域をつけたりすることで軟骨への負担を減らし、大きく改善させることができます。
またある程度筋力アップすると安定性が増し、大分膝を支えられるようになります。

 

もちろん身体の体重を支える膝なので、体重の増加も大きな原因の一つとしてあげられるでしょう。
もし中年になって体重の増加に思い当たりがあれば、普段の食生活を少し変えてあげると良いのではないでしょうか。

この方の場合も普段から過食気味で、ここ半年体重も増えていたそうです。また脂物が好きということで肝臓にも負担がかかっており、消化機能の低下から、その影響(内臓と筋肉の関わり)が膝に少なからず出ていたようでした。
食事の内容や体調などを聞くと、やはりカロリー過多の状態で、身体でしっかりその代謝が出来ていないことなどがわかりました。
このことから、私がおこなった食事の指導や本人が見つけてきた特性の野菜ジュースによる半日〜1日ファスティングで体調もかなり変化し、膝も大きく改善されました。
また最近では、小麦の過敏症(アレルギー)があることもわかりました。食品過敏症も実は関節炎を作り出す可能性があるのです。

 

このように変形性膝関節症は、食事の摂り方や運動、歩行時の姿勢(膝をしっかり伸ばし、まっすぐとした姿勢で歩く)などである程度改善や予防ができるものでもあります。
また炎症をあまり起こさないための食事も重要になってきますね。

日常でできることに少し目を向けてみることも必要かもしれません。

 

ちなみに、このように関節痛にはカイロプラクティックの治療でかなり効果を出せるので、私も当初は「グルコサミン」や「コンドロイチン」などの栄養素の効果は正直あまり期待していませんでした。
ただ、関節痛が再発しやすい方や、なかなか改善が平行線の方などは栄養での関節軟骨サポートは非常に助けになります。
私自身、カイロプラティカをスタートしてからの臨床ではカイロプラクティック治療を行ないながら、グルコサミン、コンドロイチン、非変性Ⅱ型コラーゲン、MSMなどの栄養素を補っていくことで再発しずらくなってきたり、改善の度合いが早くなったり、痛みや炎症を抑えたり、驚く程の効果を実感したこともあります。

ちなみに市販の物だと、錠剤タイプで結着剤・滑沢剤が多く、実際の内容成分が少ないものや、あまりヒトでは不足していないサメ軟骨由来のコンドロイチン6硫酸(実際は豚気管軟骨から摂られるコンドロイチン4硫酸の方が減っています)などを摂っていて、なかなか効果が上がっていない方もいます。
そういう方は是非一度ご相談くださいね^^。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

高齢になるとグルコサミンの合成能力が落ちる!?

ロコモ4

 

今日はグルコサミンの話です。
グルコサミンは、健康食品の1商品として日本でも良く知られている商品ですよね。
グルコサミンは、名前の初めにある「glucos」が示すように糖分と、「amine」が示すように窒素を含むアンモニアの副産物と水素が結合した物質で、天然のアミノ糖の一種です。そしてグルコサミンは、カニやエビの殻などのキチン質に多く含まれる成分でもあります。

 

 

高齢になるとグルコサミンの合成能力が落ちる!?

グルコサミンは軟骨組織に存在し、関節の働きにかかわっていることが知られており、人間では加齢とともに減少し、関節炎、関節痛を引き起こすと言われています。
また経口摂取によって,関節軟骨障害を修復することにより,症状の改善作用があると言われています。

 

グルコサミンの作用メカニズムに関して,以前は,経口摂取することで障害の修復が想定されていましたが,最近の研究では細胞内情報伝達機能を介した修復作用が想定されています。
しかし、まだ不明の点も多く、グルコサミンがそれ自体で軟骨の働きを担っているという研究報告もあれば、グルコサミンだけではなくMSM、コンドロイチン、ビタミン・ミネラルなどと一緒になってはじめて軟骨を形成するという報告もあります。
グルコサミンは人の体内では軟骨、腱、靭帯などに分布し、細胞や組織を結びつける役割を果たしています。
体内でも合成されるのですが、その量は40歳くらいから減少傾向になります。加えて特に関節の軟骨は、加齢や肥満に伴ってすり減ったり酷使されるため、中高年以上は合成が減少に追いつかなくなります。
そうすると、腰や膝の違和感や痛みが現れたり、進行すれば関節痛や変形性関節症につながる可能性も高くなります。
もちろん、若くても、関節を酷使するような激しいスポーツを継続している場合は同様ですが・・・。

 

これらの症状は、初期〜中期の段階であれば、グルコサミンを経口投与することにより予防、改善されます。
研究でも初期〜中期の方が効果が高い報告があるのですね。

しかしそれ以外の症状、外科的に軟骨が切除された患者の軟骨再形成や狼瘡、慢性関節リウマチのような関節に関る自己免疫疾患に対する有効性評価については現在までに有効な報告はされていません。

 

 

グルコサミンの有効性と摂取について

まだ不明な点は多いグルコサミンですが、関節炎の予防改善と関節痛の改善については評価が高い報告が多く、関節炎諸症状における有効性は高いと思います^^。
様々な研究によると、グルコサミンはタンパク質とムコ多糖(コンドロイチンやヒアルロン酸)との複合体で軟骨や皮膚、目、心臓の弁、腸などを構成するプロテオグリカンという物質の体内での合成を刺激し、コンドロサイトという軟骨を構成する組織の損傷を修復する働きを持つということです。

抗炎症作用を持つ医薬品のイブプロフェンなどに比べ抗炎症作用は低く、鎮痛作用についても弱いことがわかっていますが、副作用がほとんどないことを考えると、グルコサミンの有益性はおおいにあると言えるでしょう^^。

 

なお、有効性を高めるには、やはり軟骨成分であるコンドロイチンを併せて摂取することが良いと思います。
ムコ多糖類の一種であるコンドロイチンには、軟骨の保水性や弾力性を高める作用があります。
これらの成分が相乗的に威力を発揮すれば、より効果的に関節痛や腰痛、変形性関節症を予防、改善することができるかもしれません。
その他、グルコサミンには、がん細胞から出されるトキソホルモンという毒素の作用を抑え、食欲不振を改善、がんによる急激な衰弱を食い止める効果が期待できるという報告もされています。

 

さて、どのように摂取するかですが、何回も述べているようにグルコサミンは、鶏などの動物の皮膚、軟骨、牡蠣、エビやカニなどの甲殻類の殻に含まれる成分で、普段の食事から十分な量を摂取することは難しい成分かもしれません。
したがって関節痛や変形性関節症の予防、改善のために効率よくグルコサミンを摂取するには、サプリメントを上手に利用するのが良いでしょう。
1日あたりの目安は、1500mgです。1日あたり1,000〜1,500mgを上限として、この量を2-3回にわけて、食事の直前に飲むことをお勧めします。

ただし、注意したいのは甲殻類アレルギーの人。
サプリメントにはエビやカニの殻を原材料にしているものが多いので、必ず一括表示の原材料を確認した方が良いでしょう。
最近では植物の樹皮から抽出された水溶性のグルコサミンも市場に出始めています。
また最近、硫黄の成分にアレルギー反応を示す人も多いのですが、このような人がグルコサミン硫酸塩を摂取した場合にはアレルギー症状が現れることがありますので注意が必要です。
グルコサミンとともに関節炎などの改善に用いられるコンドロイチン硫酸塩についても同様で、このような人は硫酸が含まれる含硫成分は避ける必要があります。

ではでは。
また次回をお楽しみに〜。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

Surf Trip〜コスタリカ〜

先日はお休みを頂きありがとうございました。
お休みを利用して、中米のコスタリカへ行って来ました!

もちろん目的は、サーフィンです^^朝から晩まで海、海、海です(笑)
海以外は、野生のワニや猿なども見て来ました。コスタリカは絶滅危惧種の昆虫や鳥が集結しており、世界中から多くの人が訪れるそうですよ。

コスタリカはとても暑いので、日本へ帰ってきたときは寒くてびっくりしました。
これが現実ですね(笑)
ちょっと移動が長いですが、興味のある方は是非コスタリカへ!

 

コスタリカ1

 

コスタリカ2

 

コスタリカ3

 

コスタリカ4

 

コスタリカ5

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

ロコモケアでも必須!関節の軟骨成分

ロコモ3

 

今月は、関節痛と栄養、いわゆるロコモケアということで栄養面からの予防についてお話していきたいと思います。

「ロコモ」とはロコモティブシンドロームの略で、運動器症候群という意味です。年齢が上がって骨格の異常や運動機能低下が起こると、要介護になるリスクが高くなりますが、一般的には変形性関節症や骨粗鬆症、脊柱管狭窄症、関節リウマチ、その他筋力や持久力の衰えなどが原因となっているケースが多いようです。
 こういった運動機能障害は今や国民病とも言われ、特に関節痛を持っている高齢者の方は本当に多く見られます。40代からはロコモケア取り入れて、運動と栄養面をしっかり対策していきたいものです。

 

 

関節の軟骨成分について

50代ぐらいになってくると関節痛で悩む人が増えてきます。これはもちろん骨の老化と言ったような避けられない現象もありますが、関節の動きが悪くなってしまったり、軟骨がすり減ってしまったような状態には、運動はもちろん栄養面のサポートが欠かせません。

 

骨と骨が相対している部分を関節と言います。その相対する骨の先端に「軟骨」があります。
では、この関節内で接する骨と骨の表面を覆っている「軟骨」は一体どんな役割をしているのでしょう。
それはいわゆる「クッション」のような役割なのです。
スポンジをイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、重心をかけると軟骨からヒアルロン酸が出て、体重をはずすと軟骨にヒアルロン酸が吸収されるというように、関節部にかかる衝撃を吸収するクッションのような役割をしています。

ちなみに軟骨は「コラーゲン」と「プロテオグリカン」と「水」で構成されています。

水分
コラーゲン
プロテオグリカン
 ・グリコサミノグリカン
  (その内80%…コンドロイチン硫酸)
  (その他、ヒアルロン酸、ヘパラン硫酸、ケラタン硫酸)
 ・タンパク質
軟骨成分

 

コラーゲンは軟骨を強くする繊維なのでわかると思いますが、「プロテオグリカン」とは一体なんなのでしょう?

プロテオグリカンとは、多くの糖鎖が結合した糖たんぱく質の一種のことを言い、典型的なプロテオグリカンは一つの核となるたんぱく質に、一本、あるいは多数のグリコサミノグリカン鎖が結合しています。要は、プロテオグリカンとはグリコサミノグリカンというムコ多糖の1種とたんぱく質の複合体の状態なのです。
プロテオグリカンは、通常、動物の細胞表面などに存在しており、軟骨や皮膚中に多く存在しています。
軟骨の中のプロテオグリカンは水分を引き寄せて、保持する働きを持っているのです。
少し難しい話だと思いますが、
このプロテオグリカンが重要な役割をしているのです。

 

軟骨の内部では、
ヒアルロン酸の芯にタンパク質の枝がついています。そのタンパク質の枝に無数のコンドロイチン硫酸などの小さい枝(グリコサミノグリカン)が付着しているものが「プロテオグリカン」というものなのですね。
この細い枝の間に水分を引き寄せて、水分を保持することができるので、軟骨の80%は水分を含み、スポンジのような滑らかな動きができるのです。

健康な人のプロテオグリカンは、ヒアルロン酸のエキスをいっぱい吸って、水分がたっぷりのゼリー状をしています。
これが、変形性関節症になると冬の木のように枯れた状態になってしまっているのです。

 

 

よく聞くグルコサミンとは?

さて、よく名前を聞く「グルコサミン」についてですが…

グルコサミンはカニの甲羅、エビの殻等に含まれる成分で、人体でも合成しています。
軟骨成分の「プロテオグリカン」も体内で合成されますが、「プロテオグリカン」になる一つ手前の成分がグルコサミンというわけなのです。
人はアミノ酸と糖から長い工程を経て「プロテオグリカン」をつくりますから、軟骨が壊された時にすぐに合成が間に合うかというとそうでもなく、間に合うのは若い時だけといえます。

そこで「プロテオグリカン」の一つ手前の成分であるグルコサミンを摂取して、最終工程は自分の力で「プロテオグリカン」をつくるということなのですね。
尚、グルコサミンにはブドウ糖が科学的についているため、糖尿病の方々には注意というメッセージをよくみかけますが、グルコサミンの摂取量は1回に多くても1500mg程度であり、そこに含まれるブドウ糖の影響よりも、痛みを我慢してストレスをかけ続ける方が、きついような気がしますね。

 

次回は、もう少しグルコサミンについて詳しく話していきましょう!

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

可愛いガーベラ

少し前ですが、生け花をやっている患者さんからガーベラを頂きました。

色合いが珍しくて、とても可愛い^^

さっそく治療院に飾りました〜。お花があると雰囲気が明るくなって良い感じです。

ありがとうございました!

 

ガーベラ

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法