ブログ

低体温になると免疫力が低下し、病気になる!?

body_temperature4

 

近年、30歳以下の若い人で平均体温とされる36.5℃の体温がある人はむしろ例外的で、ほとんどの人が36.0℃前後しかないと言われています。

ひどい人では35℃未満の人もいます。これでは冷え性、むくみ、肥満、アレルギー、膠原病、高脂血症、生理不順、生理痛、慢性疲労症候群、肺炎・気管支炎・肝炎などの感染症、痛風、糖尿病、など様々な病気になりやすい状態にあると言っても過言ではないでしょう。

 

 

体温は免疫機能と関連しています

体温(深部)は37℃が丁度いいと言われています。その理由はどうしてなのでしょう。

「代謝」は体内で起こる化学反応で、食べた物から栄養をエネルギーに変えるなど、生命を維持する重要な働きのことですが、化学反応は一般的に温度が高いほど活発に進みます。また、血液は身体を構成する60兆個もの細胞に酸素と栄養素を送り届け、代わりに老廃物を持ち帰る働きをしています。そしてその血液の中に、免疫機能を持った白血球が存在し、その白血球が身体の中をめぐることで体内に異物がないかパトロールをしているのです。つまり、体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内に異物を発見しても素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負け、発病しやすくなってしまうと言えるでしょう。

 

体温が1度下がるだけで、健康を維持してくれる免疫力が約30〜40%低下します。単純に計算すると1日に10000個近くのがん細胞が免疫細胞から見逃されて増殖する可能性があるのです。正常に体温が保たれていれば、免疫システムが正常に働くので、健康が保たれるということになります。

しかし、体温が高ければ高いほどいいかというとそうではなく、細胞の温度が42度を超えると体内の酵素系の障害が起こり、それ以上になると細胞も死にます。そこで最適な体温というのは、高い方が良くても生命が脅かされる42度には近付きにくい温度ということで37℃になっているわけです。

 

 

ガンも低体温から起こる!?

日本では、ガンの死者数が2001年には30万人を超えました。なぜ、日本ではガンによる死者が多いのでしょう。答えは日本人の体温が年々低下しているからかもしれません。。ガンが熱に弱いことは、たくさんの疫学調査が証明しています。
甲状腺機能亢進症ではガン率が非常に低い(1000分の1)ことや、肺炎や感染症で高熱が続くとガンが治ってしまう患者がいること、またある実験ではガン細胞は39.6℃以上で10日で全滅したなど、ガンが熱に弱いことを証明するエピソードが数多く知られています。

 

最後に低体温の原因を挙げてみましょう。

1.身体に悪い食事。(保存料や添加物、砂糖、小麦製品、乳製品など)
2.身体を冷やす食べ物の過剰摂取。
3.不自然に冷暖房を使う生活習慣。
4.コンクリート住居などの風通しの悪い生活環境。
5.自然の中で遊ばない子供が増えたこと。
6.化学製品や電気製品に囲まれた生活環境。
7.長期的なストレス、副腎疲労症候群。
8.運動不足による筋肉量の低下。
9.お風呂に入らず、シャワーで済ます人が増えたこと。

 

体温が1℃下がると・・・

1.基礎代謝が12%低下。太りやすくなります。
2.免疫力がおよそ40%低下。病気になりやすくなります。
3.細胞の働きが低下。肌の生まれ変わりが遅くなり、老けやすくなります。

みなさん、体温は私たちが生きていくために本当に大切なものなのです^^。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

アスレチックへ!

ゴールデンウィークはお休みをいただきありがとうございました。

 

お休みを利用して、大の大人9人で埼玉の秩父にあるアスレチックへ行って来ました。
ここのコースは難関コースでしたが、なんとかクリア!!終わったあとはヘトヘトでした(笑)

せっかく秩父まで行ったので、有名なかき氷屋さんの「阿左美冷蔵」の天然かき氷も食べました。
最初の一口がフワッとしていてびっくり!とても大きくて結構食べがいがあるのでシェアするのも良いかもしれませんね。

秩父に行ったら是非行ってみてくださいね。

 

秩父1

 

秩父2

 

秩父4

 

秩父5

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

私たち人間の体温を調節する仕組みとは・・・

body_temperature3

 

体温調節の仕組み

人間はもともと体温が大きく変動する動物ではなく、体温を一定に保とうとする「恒温動物」です。これは、寒いところでも暑いところでも、体温を一定に保つ機能が体に備えられているということです。周囲との温度差が大体30℃以内であれば自力で体温を調節することが出来ます。

私たち人間には、血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、体温を一定に保つように調節する仕組みあります。

 

体温調節のリモコンは、実は脳の中にあります。
また体温調節の働きには、自律神経も深く関わっています。

身体が寒いと感じたら、その情報は神経を通って(体の表面と深部に体温センサーの働きをしている神経があります)、脳の中にある視床下部というところの体温中枢に伝えられ、そこで温度に関する情報処理が行われます。
そして次に体温中枢から指令が出され、神経を通って皮膚に伝えられることで、皮膚の血管が細くなり、皮膚から逃げる熱が少なくなります。
寒い時に顔色が青く見えるのは皮膚に運ばれる血液が少なくなっているからですね。
視床下部は自律神経の中枢があるところです。そこに体温中枢がありますから、体温調節は自律神経の仕事でもあるわけです。
寒いときに体が震えるのは、筋肉を動かして、熱を作り体温を上げるためです。また寒い時には汗腺を閉じますが、逆に暑いときには汗をかいて皮膚表面をぬらし、熱を逃がして体温を下げます。これらの仕事は全て視床下部で自律神経が行っているのです。

自律神経はやはり重要ですね^^。
最近、低体温や冷え性の人がとても増えていますが、こういった方は特にこの体温調節機能にトラブルが起こっていると言えるでしょう。

次回は、低体温になると身体にどんな悪影響が起こるか、お話していきましょう!

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

4月の勉強会「代謝の話〜エネルギー源である3大栄養素の最適なバランスとは!?」

先日、4月の勉強会を開催致しました。
内容は「代謝の話〜エネルギー源である3大栄養素の最適なバランスとは!?」でした。

 

人にはそれぞれ代謝タイプがあり、自分にあった比率で栄養が摂れたときに一番元気に活動できます。
私は炭水化物:たんぱく質+脂質が5:5のミックスタイプですが、ついつい炭水化物が多くなってしまいがちなので、日々反省しております。。。

自分がどのタイプか調べることができますので、気になる方はご相談くださいね。

 

来月の勉強会は、5月17日(日)14:00〜です。
内容は「低体温と冷え性〜体温が下がると免疫力が低下する、病気になる!?」です。
若干ですがまだ空きがございますので、ご希望の方はお早めにご連絡くださいませ。

 

勉強会2015.4.19.1

 

勉強会2015.4.19.2

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法