ブログ

胃炎と潰瘍に効果のあるキャベツ

キャベツ

 

今日は、胃炎と潰瘍に効果のある「キャベツ」についてお話します。

 

「キャベツ」が最初に日本へ伝わってきたのは江戸時代で、明治以降に本格的に日本で栽培されるようになりました。
もともとは、古代ギリシャやローマの時代から食べられており、最古の野菜と言われています。
現代のキャベツは丸い結球の形ですが、昔はケールのうような葉キャベツでした。時代とともに丸くなっていったのですね。

今では年中スーパーで見かけますが、キャベツには春キャベツと冬キャベツがあるのをご存知ですか?
春キャベツは、葉の巻き方がゆるく内部まで黄緑色をした、葉質のやわらかいもので、早春から店頭に並び始めます。
とてもみずみずしいので、生食で食べる人も増えているようです。
一方で、何枚も葉がしっかりと巻かれていて、ずっしりと重いものが寒玉と呼ばれる冬キャベツです。
甘みがあり、ロールキャベツのような煮込み料理にピッタリです。
現在では夏でも秋でも収穫ができ1年中楽しむことができます。

 

さてキャベツの栄養お話ですが、キャベツには水溶性ビタミン様物質の「ビタミンU」が含まれており、これが胃腸の粘膜組織を作り、壊れた組織を修復してくれます。このビタミンUが、胃炎や潰瘍の予防に役立ってくれるのです。キャベツだけでなく、ビタミンUを含む野菜には、パセリやブロッコリー、セロリなどがあります。

みなさん胃腸薬でお馴染みの「キャベジン」ですが、キャベツから名前の由来が来ています。
なるほど!と思う方もいるかもしれませんね。
その他にキャベツには、疲労回復などに効果のあるビタミンC、便秘を改善する食物繊維やカロテン、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛などの栄養が含まれており、抗がん成分のフラボノイドやスルフォラファンも含まれています。
本当にいろいろな栄養が含まれているのですね。

 

またビタミンU、Cは熱に弱いので生で食べることをお勧めします。
大きめの葉1〜2枚で1日の必要分のビタミンCが摂れるとも言われているので、明日から是非食卓に取り入れてみてくださいね。
元気な胃腸を目指しましょう!

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

ストレスで胃酸は増える?それとも減る?

stress_stomach5

 

前回はストレスがかかった時に起こる胃痛や胃潰瘍などの原因、そして身体の仕組みについてお話しました。
ここでは、ストレス時の胃の痛みは決して胃酸のせいではなく、ストレス時に必要な栄養源であるタンパク質を胃壁から調達してくることで、胃酸から身を守る粘液を出せなくなり、それが原因で胃酸によって胃の内壁の細胞が障害を受けてしまうということでした。

今日は、みなさんも気になる内容だと思いますが「ストレスで果たして胃酸過多になるのか?」というお話をしたいと思います。

 

 

ストレスでは胃酸過多になるのか!?

たしかにストレス過剰になっていると、胃酸が多くなる人もいます。
これはストレスが胃酸を多くするということではなく、どちらかというとストレスがかかった時の、自律神経のバランスによるところと言えそうです。

通常、胃が胃酸を分泌するのは、消化の時。
消化の際は、自律神経は副交感神経優位になっています。
副交感神経優位になると胃酸が出るのですね。

 

そう考えると、ストレスがかかったときは前述のように、まず交感神経が優位になり、ストレスに対する防御反応が始まります。
そしてもし胃酸が過剰になるとすると、この後。
ストレスがおさまり、この高ぶりすぎた交感神経を抑えるために、一挙に副交感神経が働きます。
この時に胃酸が多く出るのです。

なんとなく、仕組みはわかりますでしょうか?

 

では、長期的にストレスがかかっている人はどうでしょう?

その場合、ずっと交感神経が高ぶった状態になるので、逆に胃酸は低下していく傾向にあります。
これはカイロプラクティックでも言われていることです。
その証拠に、私の臨床でもストレスで長期的に副腎に負担がかかっている人には、多くの人で胃酸分泌低下の徴候がみられます。

また胃酸は、脳内のガストリンやヒスタミン、アセチルコリン等に刺激されて分泌されるので、ストレスによってそれら脳内物質が過剰に分泌され、一時的に胃酸が増えることはありますが、もし長期にストレスがかかった場合は、耐性ができてしまい、それらの物質に刺激されても胃酸が出ずに、減っていく場合も考えられるでしょう。

 

このようにみていくと、ストレスで胃が痛い場合は、まずは自分の胃酸の状況がどういう状態なのかを判断し、そこから対処するべきでしょう。
すぐに胃酸を抑えるような制酸剤を飲むことで、一時的に症状を軽減したからと言って根本的な解決にはなりません。

ストレスは現代社会ではつきものです。
ストレスコントロールをすることで、かなりの身体の問題も改善されてくることは間違いありません。
是非、胃が痛くなったら、警告のサインだと思って、普段の生活やストレスのかかり具合を見直すキッカケにして頂ければと思います。

 

最後に私が考えるストレス対策のポイントをお伝えしましょう^^。

1.ストレスコントロール
2.考え方を変える
3.気分転換をする
4.リラクゼーションの習慣をつける
5.睡眠をしっかりとる
6.軽い運動をする
7.副腎を刺激するものを避ける
8.正しい食事をする

正しい食事について】
3大栄養素をその人に合ったバランスで摂る
副腎に良い食べ物を摂り、悪い食べ物を摂らない
血糖値を安定させる食べ方をする
必要な塩分は摂る
アレルギ−のある食品は避ける

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

のんびりな休日

先日のお休みは、茨城の海に入りました。

お天気も良く、穏やかな波で気持ちよかったです^^
未だに大きい波だと緊張感があるので、こういう日はほんとにのんびりサーフですね。

院長はお昼の後も2ラウンドしてました。私はせっせと貝殻拾い(笑)
でも帰りにアウトレットに寄ってしまったので、のんびりじゃなかったかな・・・

さて、来週の海はどこで入ろう。

 

 

kashima.june.1

 

kashima.june.2

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

ストレスがかかった時の身体のシステムとは!?

stress_stomach3

 

よくストレスを受けると、胃酸が過多になり、胃壁が破壊されて胃炎や胃潰瘍になると言われていますよね。

たしかにストレスを受けると胃のシステムは崩れやすいとも言えます。
胃液の分泌や胃の運動は、自律神経に深く関係していて、その人の精神状態によって大きく左右されます。たとえば、怒りや悲しみ、心配、ストレスなどがあるときは、胃液の分泌量が極端に減少します。すると消化機能が落ち、内容物が通常より長時間にわたって胃の中に停滞し、「胃がもたれる」ということになるのです。
また胃を保護する粘膜の分泌が減ることもあるので、塩酸によって胃が傷つくことも想像できますね。
ではよく言われている胃酸過多になるというのは本当なのでしょうか?

 

 

ストレスがかかった時の身体のシステムとは!?

では、まず、ストレスがかかったときの身体のシステムをじっくりみていきましょう。

不安感
騒がしい!
暑い!
忙しい!
人間関係
経済状態
・・・

まず上記のような「ストレス」がかかると脳からアドレナリンとノルアドレナリンが分泌され、①自律神経を働かせて、ストレスに対する防御反応をしなければならないかを判断し、②ホルモンによりストレスによってできた歪みを修復する作業に入ります。

 

①では例えば、バイクが急に飛び出してきたとすると、自律神経(交感神経)が高ぶり、血流を上げて手や足をすばやく動かせるようにすることや、鳥肌を立てて大切なエネルギーを外に出さないようにします。

これは、先程のアドレナリンやノルアドレナリンという神経伝達物質が、視床下部という脳の総司令部に働きかけ、自律神経でも交感神経優位の状態を作り上げることに始まります。(心拍数増加、血圧上昇、脳血流増大、瞳孔散大、呼吸促進、血糖上昇など)。

 

そして次に②では、総司令部の「視床下部」から、司令官である「脳下垂体」に命令が出ます。脳下垂体では、各臓器に指令を送るホルモン「刺激ホルモン」が分泌されるのですね。

この「刺激ホルモン」。ストレスの場合は、とくに副腎刺激ホルモンが分泌されます。
これはその名の通り、副腎を刺激するホルモンなのですが、ストレス時には、副腎がストレスによる身体の歪みを修復するために働くことになります。

 

 

自分の身を削ってエネルギーを作ることも・・・

ストレスによる歪みを修復するにはエネルギーが必要になりますが、この時、身体は体脂肪を使わない仕組みになっています。これは身体の危機管理とも言えるのですが、ストレス時はどちらかというと体脂肪を貯め込もうとするのですね。

ではどこからエネルギーをとるかというと、ブドウ糖やたんぱく質がメインになってきます。
そして問題となってくるのはこれらのエネルギー(ブドウ糖やたんぱく質)が不足してきた時です。
エネルギーが不足してくると、副腎はたんぱく質を身体の中から調達してくることになります。
実は、これには、身体を作っている体たんぱくを使うのです。
びっくりするかもしれませんが、自分の身を削ってエネルギーを作り出すということですね。

 

体たんぱくの調達には、まず「胸腺」という臓器に向かいます。胸腺は小さい臓器なのですが、この小さい臓器から体たんぱくを削り取ります。
胸腺は、免疫機能には大切な働きをする臓器でもあるので、ストレスがかかったときに免疫力が落ちるというのは、実は、胸腺が弱ってしまうということにも原因があったのです。

そして胸腺は小さい臓器なので、体たんぱく質が足りなくなると、次に向かうところは「胃」になります。
胃での体たんぱく調達は、胃壁の一番表面の上皮細胞を削り取って行うので、胃は粘液でコーティングできなくなり、胃壁が胃酸によって溶かされることになります。

 

これが、ストレスによって胃炎が起きたり、胃潰瘍が起きる仕組みなのです。
実際は、単純に胃酸が増えるからというわけでもないのですね。

次回は「ストレスで胃酸過多になるのか!?」という疑問についてお話したいと思います^^。

 

 

栄養について興味のある方は  
 Think Healthへ 

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法

 

5月の勉強会「低体温と冷え性〜体温が下がると免疫力が低下する、病気になる!?」

少し前になりましたが、先日5月の勉強会を開催致しました。
内容は「低体温と冷え性〜体温が下がると免疫力が低下する、病気になる!?」でした。

体温は高めの方が良いというのは聞いた事がありましたが、体温が1度下がるだけで免疫力が30〜40%も下がってしまうのには驚きでした。冷え性や低体温の対策も聞けてとても勉強になりました。

 

次回の勉強会は、6月21日(日)14:00〜の開催となります。
内容は、「ストレスと胃の病気〜胃はストレスに弱い!?最近増えている胃の病気」です。
若干ですがまだ空きがございますので、ご興味のある方はお早めにご連絡下さいませ。

 

勉強会2015.5.17.1

 

勉強会2015.5.17.2

 

 CHIROPRATICA|低血糖症と副腎疲労のためのカイロプラクティックと栄養療法