副腎が疲労すると考え方が消極的に、回復すると積極的に

脳がうまく働かず、頭をかかえる男性|副腎疲労blog

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

みなさん、厄年って信じていますか?

 

 

私は、去年「後厄」。
ようやく通り越した感じで・・・。

こういうのってそこまで信じていないのですが(厄払いもやってもらってないです)・・・
でも過ぎてみると「あー大変な年だったなぁ」と感じたりしています。笑。

前に厄年だった若い頃も、それなりに大変だったので、やはりなんかしら当たっているのかもしれないですね。

 

 

 

おそらく、昔の人がちょうどそのぐらいの年齢の時にいろんなことが起こって、それをキッカケに作ったんだと思いますが、ちょうど仕事や生活の変化、そして身体の変化が起こる時期なんだろうと思います。

副腎疲労も、この身体の節目だったり、仕事の変化が起こる時というのは、発症しやすいですね^^。

やはり、負担がかかるんですよ。ちょうどそういった時期に。笑。

 

 

 

 

私は、去年で厄を越えたわけですが、いまだに絶好調ではありません。
なんていうと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、体調は今のところ大丈夫です。

でも厄年の時って、ほんといろいろな変化があって、私もここ2、3年、仕事や生活面で本当に変化の大きい年でした。

そして、いろいろなことが本当に思い通りにいかない!笑。
その度に落ち込んだりして。
なんで、私だけこういうことが起こるんだろうなんて、思ったりして。

でもね。なんとかその問題が解決すると、まあ良い経験になったし、この経験があるから、今のこれにつながっているんだなと思えたりとかね。

 

 

 

 

この歳になっても、落ち着かないものですね。
ゆっくり、自然の流れの中、ノンストレスで生きていく。
そんな理想はいつのことやら。笑。

いつもHAPPYで自然体な人になりたいですねーー。

副腎疲労になりやすい私ですので、
やっぱり考え過ぎたり、やり過ぎたり、真面目にいろいろ気にしたりが多いんでしょう。

 

 

 

今年は年初に目標を立てたことだし、いろいろ変えていきたいものです。

ちょうど、2月ぐらいになってきてから本調子になっていくんでしょうかね。

 

 

まだスタートしたばかりですが、今年はなんだか頑張る気持ちはあります!
これも一つ良い兆候ではあるんですよ。
前向きというのは、良い。

体調も良かったり、副腎も良かったりしないと、前向きにはなれないですから。 

 

 

 

⭐️ ストレスを感じるのは脳なのか、副腎なのか!?

 

今まで、ストレスに対処するのは「副腎」である・・・
副腎は「ストレス調整器」・・・

 

とずっと繰り返してきましたが、

実際ストレス自体を感じるのは、紛れもなく私たちの「脳」であります。

 

 

 

 

とくに精神的なストレスだと「脳」で嫌だなぁと感じることが想像できると思いますが、他のストレスでも基本的には脳が「今、身体にストレスがかかっている!」「身体が危険!」と判断しています。

 

そして、以前のblogでお話した「HPA-axis」を使って「脳」から「副腎」へ「身体が危険な状態なので、ストレスに至急対処してください!」と指令が行くわけです。
サイレンがなって、緊急の情報が伝わるイメージです。

こうやって、ストレスを感じるのは「脳」ですが、
実際、ホルモンを分泌してストレスに対処する戦闘部隊は「副腎」なわけです。

 

 

 

 

しかし、いくら指令が来ても、
「副腎」が「疲労」状態にある場合は、副腎がうまく機能しないので、
何も解決せず、身体がストレスにやられてしまう状態になります。

 

そうすると、ストレスによって身体に炎症が起きたり、身体が非常に疲弊してしまうことはもちろん、
脳もダメージを負います。
その結果、脳も不健康な状態になるわけですが・・・。

 

 

 

 

この時、決まって・・・

 

 

 

何もやる気が起きない

新しいことをする気になれない

友人や知人に会う気力もない

何も楽しく感じられない

 

 

 

と顔も暗く、考え方も塞ぎ込みがちになります。

そうなんです。

「副腎」が不健康な状態だと「脳」も不健康な状態に・・・
考え方が後ろ向き、消極的になってしまいます。

 

 

 

 

逆に、私のクリニックにいらっしゃる患者さんでもそうなんですが・・・
副腎が回復してくると、顔色が良くなり、お話も良くするようになり、

 

聞くと

「旅行に出かけたり」
「新しく運動を始めていたり」
「人の集まりにも積極的に参加するようになったり」

など、性格が変わったように新しい活動に精力的になっていきます。

 

なので、治療の段階で、何か新しいことをやり始めたいような素振りが出てきたら、
「お。大分回復してきたな^^」と思うわけです。

 

 

 

 

このように、副腎と脳、そして心は密接につながっており、副腎が疲れ切ってしまえば、脳も不健康に、副腎が元気になれば、脳も変わってきます!

 

 

副腎が疲労すると・・・
考え方が消極的・後ろ向きに

そして副腎が回復すると・・・
考え方が積極的・前向きに

 

 

なるわけです!

 

 

 

 

私も、今年は頑張ろう!と新しい目標を立てたり、
昔やっていた趣味を再開したりしているので、

 

もしかしたら、「副腎」が良い状態なのかもしれませんね。笑。

 

 

 

今日はここまでにしておきましょう。

 

 

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ

私は・・・
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile
詳しいプロフィールはこちら^^。

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方
副腎疲労の症状に当てはまる方
食事や栄養の相談がしたい方

などなど・・・

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま
是非、お気軽にご相談くださいね。

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。

Thank you for reading to the end.