たんぱく質 protein|お肉は実は栄養バランスが良い食べ物!?

牛肉のグリルステーキのプレート|副腎疲労blog

 

Summary:

 

⭐️ 肉食の最大のメリットをしっかり享受しよう!!

⭐️ 現代人にとってお肉を摂ることは血糖値安定にもつながる!?

⭐️ お肉のマイナスイメージについて

⭐️ やはり食事はバランスがとても重要なんです!!

 

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック

「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy (コッシー)」です。

 

 

 

お肉は栄養満点!

 

 

今日はタンパク質の中でもお肉が栄養豊富だ!というそんなお話。

前回も書きましたが、肉に含まれるタンパク質は動物の種類に関係なく、必須アミノ酸をすべて含有しています。またビタミンも豊富。ビタミンのA、B1、B2、B6、B12を多く含んでいます。そして若い女性に不足しやすい鉄や亜鉛が多く含まれているということもポイントでしょう。

お肉は、実は栄養バランスが良い食べ物なのです。

 

 

 

⭐️ 肉食の最大のメリットをしっかり享受しよう!!

 

肉は好きだけど、健康のために控えているという人はいませんか?

 

 

 

現代ではメタボ対策や肥満改善などから、カロリー対策で、お肉を控える傾向があるかもしれません。

みなさんが気になるのは脂分でしょうか。
たしかに脂身は飽和脂肪酸(悪玉コレステロールを上げる)が多いのですが、必須脂肪酸である不飽和脂肪酸も多く含む(55~70%)ので、脂肪の少ない肉を選べば、低カロリーで多くの栄養素を含んでおり、栄養素とエネルギーのバランスが良いと言えます^^。

大豆などの植物性タンパク質だけでは、身体が必要としているタンパク質量には全然足りません。もちろん植物性のタンパク質も大切なタンパク源ですが、残念なことに、肉類に比べて圧倒的に吸収効率がよくないのです。

タンパク質は、人間が生きていくためには、毎日必ず一定量を消費します。
食いだめができない栄養素なので、もし、タンパク質が身体に入ってこなくなれば、身体は自らの筋肉をタンパク源として使い始めます。
現代の食生活で一日の必要量を満たすしていくには、肉類を積極的に食べ、さらにサプリメントでプロテインを補給して、ようやくまかなえるというのが本当のところです。

 

 

 

タンパク質と各種微量栄養素(ビタミンB群やビタミンA・E等の脂溶性ビタミンなど)を同時に摂れるのが、肉食の最大のメリット。
もちろん野菜もきちんと食べるべきなのですが、野菜からの栄養素はなかなか吸収しづらいものもあるので、それだけでは栄養が不十分になってくる場合が出てきます。菜食主義の方がビタミンB12が極端に不足してしまうのが良い例ですね。
また先程も言ったように、お豆腐や納豆などの大豆製品も良いのですが、それだけでは不十分。大豆製品に加えて、しっかりお肉・お魚・卵もバランス良く食べることが過不足なく栄養を摂ることにつながります。

 

私も一時期野菜が多い食生活をしていましたが、それだけではなかなか元気が出なかった覚えがあります。
カラダのスッキリ感はあるのですが、なにか身体の状態が安定しないのですね。
タンパク質を意識して、お肉・お魚、卵、大豆製品をしっかり摂るようになったら、本当に身体が変わってきました。

 

 

 

⭐️ 現代人にとってお肉を摂ることは血糖値安定にもつながる!?

 

また、血糖値を安定させる面でもお肉は良いです。

現代になって増えてきた生活習慣病、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病などの原因となる肥満やメタボリックシンドロームは、血糖値のコントロールがうまくできないところに根本の原因があります。

 

 

もちろんカロリー過剰や運動不足も原因になりますが、実は精製された炭水化物や甘いものの摂り過ぎが一番の原因と言っても良いのです。
精製された炭水化物や甘いものを多く摂りすぎる食事をしていると、インスリンをたくさん分泌させることになります。
インスリンが過剰に分泌されると、糖分を脂肪としてため込むので、肥満になりやすくなります。またこういった生活を続けていくと、インスリン抵抗性(インスリンの効きが悪くなる)が出てきて、それがさらにインスリンを過剰に分泌させることになり、血糖調節異常による様々な問題を引き起こすわけです。

 

 

 

その最たるものは、糖尿病です。そして最終的には動脈硬化、心筋梗塞等につながっていくわけです。
話しているだけで怖くなってきます・・・。

 

 

 

そう。これらの根本的な原因となっている血糖に関わる食べ物は、炭水化物などの糖質なわけです。
タンパク質ももちろん血糖を少しあげるのですが、炭水化物と違って、急激な血糖上昇を伴わずなおかつ安定させてくれる作用もあります。
現代人は炭水化物に偏った生活をしている方がほとんどなので、炭水化物を控えてタンパク質をしっかり摂る食事に変えていくだけで、どれほど血糖値が安定し、生活習慣病の予防になるでしょう。

 

 

 

⭐️ お肉のマイナスイメージについて

 

さて。ここでお肉のマイナスイメージについてもお話しておきましょう。

 

 

 

お肉、タンパク質の摂取量については多くの反対意見があります。
タンパク質の摂取量は前のblogで体重1kgに対して毎日1gという話をしましたが、たしかに体重1kgに対し、毎日2g以上も摂った場合のタンパク質摂取が有益であるという証拠はほとんどありません。
むしろマイナス影響の可能性すら出てきます。

 

それは過剰なタンパク質の摂取により、エネルギーに使用されないものは脂肪に変換されるからと言えるでしょう。
また、高いタンパク質摂取に関連し、栄養素の必要性も増加します。
タンパク質の新陳代謝に関係しているビタミンB6、B12、葉酸は、タンパク質摂取量が増加すると、さらに必要となります。また腎臓からより多くの窒素を排泄するために水分摂取量も増えますよね。
過剰なタンパク質の摂取は、肝臓と腎臓の機能に代謝的なストレスも与えることになります。

 

 

 

これだけ聞くとたしかに過剰な摂取は良くないように思えます。

 

 

しかし、ここにある研究があります。
健康な動物に長期間タンパク質摂取量を多く与えた研究では、何の逆効果も示されなかったのです。

最近は、これらの起こりうる問題について、腎臓機能が低下した患者さんに対して研究がおこなわれていますが、高いタンパク質摂取とカルシウム低下に関する心配は、純正なタンパク質とアテローム硬化症に関する患者さんにとってのみ起こりうるものであり、ほとんどの人に当てはまるものではないと言われています。

もちろん、タンパク質の摂取量が増えると代謝物であるアンモニアが多くなりますので、副腎疲労の場合、極端な高タンパク質食は良くないケースもありますが、必要なタンパク質量をしっかりと摂ることはとても大事なことです。

 

 

 

⭐️ やはり食事はバランスがとても重要なんです!!

 

私が言いたいのは、やはりバランスなのですね。

 

今の現代人の食生活を見てみると、精製された炭水化物の摂取が多く、タンパク質が不足している方が非常に多いです。
たしかに過剰なタンパク質の摂取はアンモニアの上昇による問題や腎臓などに負担をかけます。もちろん動物性脂肪も摂り過ぎは良くありません。しかしそれ以上に現代人はタンパク質やビタミンB群、鉄分、亜鉛などの栄養素が不足して身体の不調が起こっていると言えます。
それらの不足した栄養素は、お肉に効率良く含まれているわけですから食べないことはないでしょう。

 

 

 

お肉というと、カロリーや脂肪が高いからと悪いイメージが根強いのですが、それはもう昔の常識です。
お肉の品質(抗生剤やホルモン剤の影響)や脂肪分は考えなければいけないですが、是非毎日の食事に取り入れてみて下さい。

 

 

血糖値の安定、そしてパワフルに動けるカラダ。
それは何をおいてもタンパク質の力が必要です。

 

 

今日はここまでにしましょう。

 

 

 

ではまた次回に^^。

 

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ

私は・・・
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile
詳しいプロフィールはこちら^^。

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方
副腎疲労の症状に当てはまる方
食事や栄養の相談がしたい方

などなど・・・

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま
是非、お気軽にご相談くださいね。

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。

Thank you for reading to the end.