低血糖症について

 

低血糖症とは?

低血糖と言うのは、文字通り、血糖値が低くなってしまう状態です。お医者さんで低血糖と言うと、糖尿病の患者さんがインスリンを多く打ちすぎたり、その他の病気でしか起こらないという認識ですが、実は・・・そうではない理由でも低血糖状態と言うのは頻繁に起きるのです。 現代人で多くみられる低血糖症というのは、糖からエネルギーを作るという重要な機能がうまく働かなくなってしまったという状態のことをいいます。そしてこの状態を「機能性低血糖症」とも呼びます。

現代では、知らず知らずにこの機能性低血糖症になっている人がたくさんいます。 しかし、自分の日々のダルさや頭痛が血糖の問題からくるなんて誰も想像しません。だからお医者さんに行っても原因がわからず、悩む人が多いのです。実は、鬱などの精神的なことにも低血糖症は深く関わっています。

血糖値とは、私たちの血液の中に含まれている「グルコース(ブドウ糖)」の濃度のことです。この血糖は、私たち人間が生きていくためにもっとも利用しやすいエネルギー源です。特に脳ではたくさんのグルコースが使われます。こういったことから、私たちの身体は、常に血糖値が安定していることを望んでいるのです。血糖値が安定していると、エネルギーがスムーズに作られ、頭もよく働き、体調も良いと言えます。

私たちはこの大切な血糖値をいつも安定した状態にしておくために、身体の中で多くの臓器が関係して綿密な血糖のコントロールを行っています。しかし、様々な理由から、この大切な血糖値が安定しない、不安定になってしまう状況が起こる場合があります。 この不安定な血糖値からいろんな症状が起こることになるのですが、その一つが「低血糖症」というものなのです。

 

 

低血糖症の症状

いつも疲労感がある
だるい
うつ症状がある
不眠
不安感
いらいらする
怒りっぽい
頭痛
めまい
発汗
震え
動悸がする
筋肉痛と腰痛
拒食症
食欲不振
発作的に泣く
恐怖症
集中力の低下
感覚麻痺
慢性消化不良
精神錯乱
手や足が冷たい
目のかすみ
筋肉の引きつりまたはけいれん
筋肉痛
非社会的あるいは反社会的行動
落ち着けない
肥満
ふらふらする
腹部のけいれん
失神あるいは意識消失
ひきつけ
自殺傾向 やる気が起きない
ふわふわした感じがある

 

実はこれらは、血糖値のコントロールがうまくいかない、低血糖症で起こりうる症状なのです。
もちろん、これらの症状全てが低血糖症によって起こるというわけではありません。
しかし、病院では原因不明や精神疾患と診断されがちなこれらの症状が、実は低血糖症だったというケースはかなり多いのです。

 

低血糖症の原因

特に精製された砂糖が原因になります。たとえば、砂糖やお菓子や清涼飲料水などの精製された糖分は、すでに分解されて小さい分子のため、とてもすばやく吸収され、血糖値が急上昇することになります。血糖値が高い状態が長く続くと糖尿病になるくらいですから、血糖値が上がりすぎるのは人体にとって当然よくありません。

血糖値が上がると、今度は当然、血糖値を下げようとする反応が起こります。つまり、インスリンが分泌されるのです。インスリンが出ない、または非常に効きが悪く血糖値を下げることができない状態を「糖尿病」と言います。
「低血糖症」は場合はこの逆で、インスリンが出過ぎる、または効きすぎるために血糖値の急降下が起こったり、低い状態で留まってしまうことにより起こる問題と言えるでしょう。
インスリンの出る量は、血糖値の上昇の度合いによって、その分泌のされ方が変わります。つまり血糖値の上昇が速ければ速いほど、または血糖値が高くなればなるほど、それを下げようとするためにインスリンが大量に動員されることになるのです。

過剰に分泌されたインスリンは、血糖値を急降下させ、今度は逆に血糖値が下がりすぎてしまうという状態を引き起こします。
このように見ていくと、低血糖症の原因は、砂糖やお菓子、清涼飲料水、また精製された穀類などを多く摂ることが問題となっているということです。
精製された糖分を飲んだり、食べたりすると、血糖値の急上昇を招き、インスリンが出過ぎてしまうために、結果的に低血糖という状態になってしまうのです。

もちろん血糖値が下がれば、すぐに低血糖症になるわけではありません。血糖値が下がることは、健康な人でも起こりうることです。もちろん身体は血糖値を上げようとするホルモンを分泌するので、ある程度はコントロールできます。しかし、このような状態が頻繁に起こることによって、血糖値のコントロールがだんだん上手く行われなくなってしまうと、低血糖症の症状が出始めます。

 

カイロプラティカでの治療やアドバイス

カイロプラクティックの上級テクニックAKを使って、内分泌系や内臓の調子などを主に筋力テストから見ていきます。
低血糖症では、膵臓の機能低下がみられることが多いのですが、低血糖症の起こっている原因が、精神的なストレスによるものだったり、食物アレルギーだったりした場合は、副腎に機能低下があったり、特有の頭蓋骨障害がみられます。
こういった検査により、その人個人個人の原因を見つけることで、低血糖症を引き起こした背景とそれを改善させるための治療および食事指導を行っています。
大抵、膵臓機能低下がみられた場合は、膵臓の機能をアップさせていくようなリンパや背骨の関節の治療と胃腸の問題を改善させるような治療、頭蓋調整などを行っていきます。また糖質や精製炭水化物の量が問題になっていることが多いので、それに対する食事のアドバイスと消化不良の改善に対するアドバイスが中心になります。
もし副腎疲労や免疫低下、胃酸分泌の低下の兆候があれば、食物アレルギーを疑い、それに対するAKのチェック(口の中に少量の食材を含んでもらい、筋力検査を行う)を行います。もし必要であれば血液検査をお勧めします。治療もやはり副腎や免疫機能をアップさせるような治療と背骨や頭蓋、顎関節などの治療がメインになります。
その他精神的なストレスや長期的な副腎疲労が起こる背景があれば、それも低血糖症を起こす原因となりますので、治療に加えてストレスコントロールや食事の摂り方などのお話をしていきます。

治療自体は、全く痛みのないものです。
カイロプラクティックの治療がこういった問題に対して回復の大きなキッカケとなります。
継続した治療と食事のコントロールを行うことで、より早い改善が期待できます。