副腎疲労症候群とは 【その2】|いろいろな病気、症状は全て「副腎」が関わっている!

副腎の模型|副腎疲労blog

 

Summary:

 

⭐️ 現代では様々な病気に対して、まずベースで副腎をケアすることが重要。

⭐️ 副腎は、あのステロイドホルモンを分泌するところ!?

⭐️ 副腎がなくては生きていけない。ありとあらゆるストレスから身体を守ってくれている副腎。

⭐️ Mighty Organ「全能の臓器」と呼ばれる副腎の12個の仕事。

 

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 

副腎疲労専門カイロプラクティック「CHIROPRATICA」院長の小菅一憲です。

そしてこのBlogの筆者「Kossy(コッシー)」です。

 

 

今日は、前回のBlogで散々気を引かせて頂いた「副腎 Adrenal Gland」という臓器についてもっと理解を深めていきたいと思っています^^。

前回のBlogはこちら↓

 

 

 

 ⭐️ 現代では様々な病気に対して、まずベースで副腎をケアすることが重要。

  

前回お話ししたように、「副腎」はあらゆる病気や症状のほとんどに関わっているので、現代では、癌や高血圧、炎症性の病気、アレルギー、皮膚の問題、耳鼻科系、婦人科系の問題、不妊症、自閉症などなど・・・挙げると本当にキリがないですが、まず副腎をケアする治療をベースに持ってくることで、それぞれの専門分野での治療がより効果の高いものになってきます。

 

それだけ「副腎」は私たちが生きていくために中心的な役割をしていて、病気にならないようにしてくれている、命の源と言っても良いのかもしれませんね〜。

 

 

 

⭐️ 副腎は、あのステロイドホルモンを分泌するところ!?

 

ほとんどの病気は、炎症からスタートしますが、この炎症を抑えるホルモンを分泌しているところがまさに「副腎」なんです!

 

このホルモン。

みなさんも絶対にご存知の・・・

 

 

 

ステロイドホルモン です。

 

 

ステロイドというと、急性の炎症性疾患やアレルギーなどでも必ず処方される、とても即効性の高い、しかし副作用も心配なあれです。
実は、そんな強力な抗炎症作用のある物質(ステロイド)を自分の身体で作れるところがあって、それが「副腎」なんです。

 

ちょっと副腎の重要性に、興味が出てきましたか?

 

 

 

 ⭐️ 副腎がなくては生きていけない。ありとあらゆるストレスから身体を守ってくれている副腎。

 

何を隠そう、副腎は 「Mighty Organ(全能の臓器)」 とも言われています。

 

 

これって、すごいことではないですか?

 

膵臓や肝臓がSilent Organと言われ、病気になるまであまり悲鳴をあげずに頑張り続けてしまう臓器(静かな臓器ですね)と言われているのは有名なんですが、それに対して「副腎」はMighty Organです。全能の臓器なんて呼ばれています。

 

これから先、副腎の働きについて詳しくお話していくつもりなのですが・・・

私たちの身体や心の回復力、身体を動かすエネルギー、耐久力、そしてまさに生命そのものが、副腎の正常な機能にかかっていると言っても過言ではないでしょう。
みなさんが気にも留めなかった、もしかしたら名前もあまり知らなかったかもしれない、この「副腎」・・「副腎」がなくては、私たちは生きていくことも出来ないのです。

 

 

 

 ⭐️ Mighty Organ「全能の臓器」と呼ばれる副腎の12個の仕事。

 

さて、全能と呼ばれる「副腎」の働きについて見ていきましょう!

 

 

副腎の働きは、まずなんと言っても、外界から受ける様々なストレスに対して、身体を正常に保ち、生きていくための手助けをすることです。

副腎のもう一つの呼び方が・・・

 

 

 

「ストレス調整臓器」

 

 

なんて言われるのはそのためでもあります。

 

仕事や人間関係はもちろん、病気や怪我など、すべてのストレス源に対して対処しているんです。
現代社会に生きている私たちの中で、全くストレスがないという方はいないのではないでしょうか?
誰でも、多かれ少なかれ、ストレスはかかっているはずです。

 

その時に、常に活躍するのが「副腎」という臓器なんです。

 

実際の臓器を見ていくと、腎臓の上にちょこんと乗っかっているピラミッド型の臓器で、大きさは心臓よりやや小さいぐらいで、3〜5gぐらいしかありません。

こーんな小さいやつが、すごい馬力を持っているわけです!!

 

 

 

 

そして、その他にもたくさんの働きがあります^^。

 

◇ 炭水化物と脂質の利用・代謝

◇ 水と電解質の調整作用

◇ 血圧のコントロール

◇ 脂質とたんぱく質のエネルギーへの変換、糖新生 

◇ 脂肪の分布(特に顔の両側とウェスト周り)

◇ 免疫機能調整作用

◇ 血糖のコントロール

◇ 心臓血管と消化管の機能の正常化

◇ 骨代謝に対する作用

◇ 精神・神経系に対する作用

◇ 閉経後の性ホルモンの分泌

◇ 性ホルモン産生

 

 

Mighty Organ(全能の臓器)と呼ばれる「副腎」の働きは、実はこーんなにあります!

  

こんなにたくさんのことをしている「副腎」が疲れ切って動かなくなったら、それこそ身体にたくさんの症状が現れると思いませんか?

しかも、副腎疲労は病院の血液検査では異常が出てこないので、なんで不調が出ているかわからないのです。
知らず知らずのうちに「副腎疲労(Adrenal Fatigue)」になっていて自分では気づいていない人もたくさんいると思います。

隠れ副腎疲労とでも呼びましょうか・・・。かなりの数になると思いますね〜。

 

 

 

こういった様々な働きを、副腎はたくさんのホルモンを分泌しながら行っていて、体内の主要な生理的過程の全てに影響を与えていると言われています。

 

 

 

次回は、そんなホルモンの話をしていきたいと思います^^。

つづく。

  

 

 

Thank you for reading to the end.

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

記事が良かったら、下記のリンクボタンでSNSでのシェアを是非よろしくお願いします^^。

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science 
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ  

私は・・・ 
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。 
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。 
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。 
そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

▷ profile  
詳しいプロフィールはこちら^^。  

 


 

Where is Clinic?

 

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック

東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

▷ http://chiro10.jp/ 
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。  

 


 

Contact us

 

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方 
副腎疲労の症状に当てはまる方 
食事や栄養の相談がしたい方 

などなど・・・  

当院には、病院に行っても良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。 
また、お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。 
私たちは、そういった不調で悩まれている方が本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供しています。

初めてのご予約はこちらより↓

▷ 未来の患者さま 
是非、お気軽にご相談くださいね。  

 


 

What is Chiropractic?

 

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。

みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。

アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。 
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。 
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。  

Thank you for reading to the end.